ニュース
» 2013年01月10日 11時46分 UPDATE

ビジネスニュース オピニオン:米国では4Kテレビは成功しない? 普及を阻む3つの壁 (1/2)

採算が取れないテレビ事業の最新の一手として、テレビメーカーがこぞって投入しているのが4K2Kテレビだ。だが、米国の市場では4K2Kテレビの普及は難しいとの見方がある。それはどういった理由からなのか。

[Junko Yoshida,EE Times]

 フルハイビジョンの4倍を超える画素数を持つ4K2Kテレビ。4K2Kテレビに関連する技術は、米国ネバダ州ラスベガスで開催中の「2013 International CES」(2013年1月8〜11日)で大きな話題を集めると思われるトピックの1つである。同技術は、詳細に分析され、熱心に討論されるだろう。

 確かに、4K2Kテレビの映像は息を飲むほど素晴らしい。昨年の「2012 International CES」では、シャープやソニーなど、いくつかのメーカーのブースで4K2Kテレビの映像を体験することができた。

 4K2Kの仕様は、2007年に初めて米国の映画テレビ技術者協会(SMPTE:Society of Motion Picture and Television Engineers)が発表し、既に国際電気通信連合(ITU:International Telecommunication Union)にも承認されている。カメラやエンコーダシステムを含む、4K2Kの映像制作システムも設計・開発されている。

 LG Electronicsは2012年10月、LEDバックライトを搭載した84型液晶テレビを米国で発売した。解像度は3840×2160画素で、価格も桁外れの1万9999米ドルだ。

mm130110_hdtv_fig1.jpg LGが米国で発売した84型の4K2K液晶テレビ

 また、Samsung Electronicsは、2013 International CESにおいて85型の4K2K液晶テレビを公開した。さらに、BroadcomやAmbarellaなどが、4K2Kテレビ用のエンコード/デコードICを展示している。

 半導体業界が、4K2Kテレビを中心としたエコシステムを構築するペースを速めているのは確かだ。

 それにもかかわらず、3つの理由から、4K2Kテレビが爆発的に普及する可能性は低いと思われる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.