ニュース
» 2013年01月31日 07時00分 UPDATE

ビジネスニュース 業界動向:中国の半導体市場、2017年にかけて急成長の見通し

中国の半導体市場は、2017年まで堅調に成長すると予測されている。中国の半導体市場規模は、2012年は810億米ドルだったが、2017年には1480億米ドルに達するとみられている。

[Peter Clarke,EE Times]

 米国の市場調査会社であるIC Insightsは、「中国の半導体市場は、2012〜2017年にかけて年平均成長率(CAGR)13%で拡大する」という予測を発表した。同期間の世界半導体市場予測と比べると、CAGRが中国は5ポイント高くなっている。

 IC Insightsは、「中国の半導体市場の規模は、2012年は810億米ドルだったが、2017年には1480億米ドルに達する」と予測している。また、「2017年の世界半導体市場は3893億米ドルに達する見通しで、そのうち38%を中国が占めると予想される。中国が世界半導体市場に占める割合は、その10年前となる2007年は23%だった」と述べている。

mm130130_ICInsights_fig1.jpg 中国のIC市場のシェア予測。左はアジア太平洋地域における、中国のシェア。右は、世界全体における中国のシェアである。 出典:IC Insights

 同社はまた、「中国で製造される半導体は、今後5年間で大きく増加する」と予想している。ただし、2012年に中国で製造された半導体は、810億ドルに上る中国半導体市場のうち11.2%で、国内で生産される割合は低い。

 中国で製造される半導体は、2012〜2017年にかけてCAGR16.5%と堅調に推移する見通しだ。具体的には、2012年は91億米ドルだったが、2017年には195億米ドルに達すると予想される。ただし、その割合は、世界で製造される半導体のわずか5%である。

mm130130_ICInsights_fig2.jpg 赤は中国のIC市場の規模。青は中国のICの製造量。(単位はいずれも十億米ドル) 出典:IC Insights

 IC Insightsは、「今後の中国の半導体製造は、IntelやSamsung Electronics、TSMC、SK-Hynixといった企業が、中国の製造施設にどれだけ投資するかによって大きく左右される」と述べている。

【翻訳:滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.