ニュース
» 2013年02月04日 10時39分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:力をつけてきた中国スマホメーカー、市場にどこまで食い込むか

EE Times Japanで先週(2013年1月27日〜2月2日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

mm130204_top10.jpg

 1位は「H.264の後続規格「HEVC」は、インターネットビデオ市場に変革を起こせるか?」、2位は「半導体製造装置の市場に回復の兆し? 2012年12月は受注額/出荷額ともに増加」、3位は「2012年Q4のスマホ出荷台数、Samsungが首位を確保も市場には変化の兆し」がランクインしました。

 3位は、スマートフォン市場のシェアに関する記事です。AppleとSamsung Electronicsの強さは相変わらずですが、そこにじわじわと食い込んでいるのが中国メーカーです。同市場においてAppleの独壇場は崩れ始めて久しく、その他のメーカーがどこまでシェアを伸ばすかが興味深いところです。「中国は“Apple神話”を打ち破る市場なのか」「中国のスマホ市場、国内メーカーの急成長でAppleは失速」なども、おすすめの記事です。

 10位は、グラフェンを取り上げた記事です。次世代材料の1つとして注目されているグラフェン。「太陽電池やタッチパネルに役立つグラフェン透明導電膜、量産手法がカギ」「グラフェンから半導体誘電体、米大学が発見」「「シリコンもグラフェンも超える」、新たな半導体材料」も、ぜひご覧ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.