ニュース
» 2013年02月18日 10時15分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:注目高まる太陽光発電

EE Times Japanで先週(2013年2月10日〜2月16日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

mm130218_top10.jpg

 1位は「結晶シリコン系太陽電池で「世界最高」、効率24.7%をパナソニックが達成」、2位は「14nmプロセスの立ち上げで、デッドヒートを続けるSamsungとGF」、3位は「IntelのCentertonは性能不足、ARM陣営にもマイクロサーバ市場に参入の余地」がランクインしました。

 原子力や火力に代わる電力源として、自然エネルギーへの注目がますます高まっています。その筆頭に挙げられるのが、太陽光発電/太陽電池でしょう。EE Times Japanでも、たびたび取り上げてきました。「ドイツの太陽光発電、「失敗」から日本が学べること」「太陽電池の製造コストはどうなる――プラスチック製には勝機があるのか」「実用化へ向けて加速する低コストの太陽電池、スイスの大学が研究成果を発表」なども、ぜひご覧ください。

 先週は、プロセス技術関連の記事もよく読まれました。Samsung ElectronicsとGLOBALFOUNDRIESは、何とかTSMCよりも早く14nmプロセスでの量産ラインを走らせようと必死のようです。「22nmプロセス技術で火花を散らすIBMとIntel」「TSMCの20nmプロセスは1種類、微細すぎて製品間の差をつけられず」も、併せてお読みください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.