ニュース
» 2013年03月12日 10時46分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:提携相手に“ライバル”を選んだシャープ

EE Times Japanで先週(2013年3月3日〜3月9日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

mm130311_top10.jpg

 1位は「特許出願件数で中国と韓国に引き離される日本、その一方で特許収入は増加」、2位は「より薄く、速く、美しく……注目モバイル端末の華麗なる競演」、3位は「「20nmまではTSMC、14nm以降はIntel」、Alteraが製造戦略を説明」がランクインしました。

 4位には、Samsung Electronicsとの提携を発表したシャープの記事がランクインしました。液晶ディスプレイでは最強のライバルであるSamsungと組むシャープ。それでも、「IGZO技術は含まず」というところが、今回の提携のポイントでもあるのではないでしょうか。「4Kから8K、そしてIGZO――進化するテレビを支える先端技術」「シャープがFoxconnの鴻海と業務/資本提携、堺工場の液晶50%を供給へ」も併せてお読みください。

 10位は、国際太陽電池展のリポートです。再生可能エネルギーの中でも、実用化や普及、技術の面で最も進んでいる太陽光発電/太陽電池。一方で、太陽光パネルは価格の下落が激しく、事業として継続することが非常に難しくなっています。2011年は、大手の太陽電池パネルメーカーが相次いで破産しました。「米商務省、中国製太陽電池パネルに関税適用へ」「太陽光を無駄なく使う、201X年の技術」「ドイツの太陽光発電、「失敗」から日本が学べること 」などの記事も、おすすめです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.