連載
» 2013年03月28日 08時00分 UPDATE

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論(16):ホテルは“最後の戦場”である (1/5)

たった一人で海外出張という名の戦争を行うあなたにとって、ホテルは、滞在を楽しむための場所ではありません。ホテルとは兵站(へいたん)拠点であり、作戦司令室であり、実は“最後の戦場”でもあります。今回の実践編(ミーティング準備[ホテル戦])では、ホテル選びの鉄則をはじめ、戦いに勝つためのホテル活用法をお伝えします。

[江端智一,EE Times Japan]

 われわれエンジニアは、エンジニアである以上、どのような形であれ、いずれ国外に追い出される……。いかに立ち向かうか?→「『英語に愛されないエンジニア』」のための新行動論連載一覧

 ノルウェーのホテルでのお話です。

 100度を越えるサウナ室で、私は、氷点下のブリザードを体験していました。

 『パンツを脱げよ(Take off your shorts)』

 ――聞き間違いじゃないよな。

 いくら私の英語の能力が絶望的であったとしても、この程度の会話を聞き間違うとは思えない。何が悪かったのだろうか。やはり、ホテルを楽しもうとしたことが間違っていたのかもしれない。「パンツを脱げ」と言われた薄気味悪さに、ブリザード級の背筋の寒さを感じた私は、こう確信しました。

 ホテルは、アミューズメント施設でもなければ、アメニティをエンジョイする場所でもない。

 やはりホテルは、――最後の戦場だ。

ホテル=「未来完了戦略」の最後の拠点

 ミーティング準備編の前編では、「未来完了戦略」のうち「(1)国内戦」についてお話しました。後編となる本稿では、「(2)ホテル戦」の話に入ります。

 ホテルとは、「未来完了戦略」における最後の拠点、すなわち、

(1)兵站拠点の構築(宿泊施設[ホテル]の接収、ブリーフィングルーム化)
(2)戦闘の準備(食料、飲料水の確保、睡眠時間の確保、健康の維持)
(3)戦闘の支援(事前調査、資料の修正、本国との連絡)

を行う拠点となります。

mm130328_eeenglish16_fig1.jpg
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.