ニュース
» 2013年04月08日 10時34分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:注目すべきはシャープ、半導体売上高の成長率は第4位

EE Times Japanで先週(2013年3月31日〜4月6日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

mm130408_top10.jpg

 1位は「いずれはAndroidを切り離す? SamsungはTizen搭載スマホを2013年中に発売か」、2位は「2012年の半導体売上高ランキング、Qualcommが34%成長で4位に」、3位は「Appleのプロセッサ「Aシリーズ」の系譜」がランクインしました。

 Samsung Electronicsは、Tizenを搭載したスマートフォンを、2013年の夏から秋に発売するとみられています。記事の中で、アナリストが「Samsungは自社のことを、必要な物が何でもそろっている“スーパーマーケット”のようにみている」と述べています。とりあえずさまざまな仕様の物を出してみて、どれが売れるか見極める――。この戦略を実践できる力があったからこそ、Samsungは、スマートフォン市場において現在の地位を獲得できたと言われています。Tizen搭載スマートフォンが同社にとって吉と出るか凶と出るか、興味があるところです。「「Windows Phone 8」、ビジネスユーザーは眼中にない?」「2016年にはスマートフォンの45%がAndroid搭載へ」なども併せてご覧ください。

 2位の記事では、2012年の半導体売上高ランキングを紹介しました。実は、ここで注目すべきはシャープです。同社の半導体売上高の年平均成長率(2011年と2012年を比較したもの)は14%で、成長率ベースのランキングでは、Qualcomm、GLOBALFOUNDRIES、TSMCに続き第4位となっています。「窮地のシャープが電子デバイス事業を強化、GaNパワー半導体市場に参入」「シャープがSamsungとの提携を正式発表、IGZOなどの技術関連は含まず」も、おすすめの記事です。

 9位は、Wi-Fiを利用する新しいサービスを紹介した記事です。ここ最近、Wi-Fiをはじめ、ワイヤレスの活用法が多様化しています。「ZigBeeのキラーアプリケーションがようやく登場、IoTの普及加速で」「スマート家電とスマートメーターの無線接続を1チップで実現、GainSpanの新製品」も、お読みください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.