ニュース
» 2013年04月17日 10時39分 UPDATE

ビジネスニュース 業界動向:「Windows 8」が悪影響? 2013年Q1のPC出荷台数が大幅減

発売前から、「PC市場の救世主になるのか」という議論が尽きなかったMicrosoftの「Windows 8」。タッチパネル対応などを評価する声はあるものの、あまりに変わり過ぎたUI(ユーザーインタフェース)に戸惑いを覚えたユーザーも多かったようだ。アナリストは、こうした理由から、PC離れがさらに加速し、同市場の落ち込みを招いたと指摘する。

[Peter Clarke,EE Times]
IDC

 米国の市場調査会社であるIDC(International Data Corporation)によると、2013年第1四半期の世界PC出荷台数は、2012年第1四半期に比べて13.9%減となる7630万台だったという。前年同期と比較した場合、4期連続の下落となっており、1994年にIDCがPC市場の調査を開始して以来、最大の落ち込みを記録した。

 IDCは、「PC業界はタッチ機能の搭載や筐体の薄型化で巻き返しを図ったが、Microsoftの『Windows 8』に対する市場の反応が薄かったことが、これを阻んだ。Windows 8によって、多くの消費者がPCの購入をやめただけでなく、タブレット端末へ流れた」と指摘している。

 IDCでクライアント/ディスプレイ部門のバイスプレジデントを務めるBob O'Donnell氏は、報告書の中で、「残念ながら現時点では、Windows 8の発売が、PC市場の回復に貢献できなかっただけでなく、同市場のさらなる低迷を招いたことは明らかだ。Windows 8を搭載したPCの新しい形状やタッチ機能を評価する人もいる。だが、その一方で、UI(ユーザーインタフェース)の大幅な変更や、なじみのあるスタートボタンをなくしたこと、タッチ機能の追加による製品価格の値上がりによって、タブレット端末や他の競合デバイスと比べて、PCが魅力の薄い製品になってしまったことも事実だ」と述べている。

 IDCでパソコン部門のリサーチディレクタを務めるDavid Daoud氏は、「PC出荷台数の減少幅は予想以上で、懸念すべきレベルだ」と述べている。

 2013年第1四半期における米国のPC出荷台数は、前年同期比で12.7%減になる1420万台となった。2012年第4四半期と比べると18.3%の減少となり、2006年第1四半期以降、最低を記録した。

 主要なPCメーカーのほとんどが苦戦している。例外は、LenovoとAppleの2社だけだ。米国のPC市場が前年同期比で2桁減少したのに対し、Lenovoは米国での出荷台数を2桁伸ばした。ただし、アジア太平洋地域での出荷台数は減少しているため、Lenovoの成長率は横ばい状態となっている。Appleも健闘しているが、同社のタブレット端末「iPad」の好調の陰で、PCの出荷台数は減少している。

mm130417_IDC_table1.jpg 2013年第1四半期における、PC出荷台数のランキング(メーカー別、単位は千台)。Lenovo以外は、前年同期に比べて、大幅に落ち込んでいる(クリックで拡大)。 出典:IDC

【翻訳:滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.