ニュース
» 2013年04月22日 10時27分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:「Windows 8」、現時点ではPC市場の救世主とはならず

EE Times Japanで先週(2013年4月14日〜4月20日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

mm130422_top10.jpg

 1位は「「Windows 8」が悪影響? 2013年Q1のPC出荷台数が大幅減」、2位は「「802.11ac」の認定プログラムは6月リリース、Wi-Fi Allianceが都内で会見」、3位は「ITOを用いない透明電極の普及加速へ、まずは20〜30インチのタッチパネルに」がランクインしました。

 先週は、PC市場の動向に最も多くの注目が集まりました。PCの需要を高めるという期待を背負って登場した「Windows 8」ですが、ふたを開けてみれば、失望や戸惑いの声が多く聞かれます。さらに、タッチパネルの製造が追いつかなかったことも、Windows 8(ひいてはMicrosoft)にとっては障壁となりました。ですが、そもそもPCというのは、テレビ同様、それほど頻繁に買い替えるモノではありません(個人のレベルでは)。「PCはまだ十分動くから、買い替えなくてもいいか。その代わりタブレット買ってみよう」という消費者が増えるのも、ごく自然な傾向だと思われます。現時点では、まだ“PC市場の救世主”とは言えないWindows 8。もう少し時間をかけて動向を見守ることが必要なようです。「「タブレットはPCの競合相手にはならない」、2013年のPC市場をアナリストが予測」「タブレットの出荷数が順調に増加、PCを抜く日も近い?」も、ぜひご覧ください。

 4位の記事では、Bluetoothの動向を簡単に紹介しました。低消費電力のBluetooth 4.0が正式に策定されてから、これまでは考えられなかったような新しいBluetooth機器が次々に登場しています。同市場は、順調に成長する見込み。2位の記事も無線通信規格を取り扱ったものなので、今後もワイヤレス分野からは目が離せないようです。「年々圧迫される携帯通信インフラ、どのような対策があるのか?」「医療/教育/産業機器での無線LAN本格普及目指す、サイレックスの戦略」も、おすすめです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.