ニュース
» 2013年05月13日 11時21分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:22nmプロセスで一歩先を行くIntel

EE Times Japanで先週(2013年5月5日〜5月11日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

mm130513_top10.jpg

 1位は「ルネサス、8四半期ぶりに営業黒字達成も再建策は“まだ”」、2位は「ルネサスが0.2V対応電源ICを開発し、電波によるエネルギーハーベスティングシステムを実現」、3位は「【ESEC2013】PCI Expressを無線化!? NECが「ExpEther」のデモを公開」がランクインしました。

 6位にランクインしたのは、Intelが発表した22nmの新しいアーキテクチャ「Silvermont」についての記事です。やはり、プロセス技術では一歩進んでいるIntel。2013年後半には、「Bay Trail」「Merrifield」「Avoton」など、22nmプロセスを適用したアーキテクチャが続々と発売される予定です。「22nmプロセス技術で火花を散らすIBMとIntel」「Intelの自信、「20nm以降でARMとの差はさらに広がる」」も、併せてお読みください。

 2位にランクインした記事では、環境発電(エネルギーハーべスティング)を取り上げています。本記事で紹介しているのは、ルネサス エレクトロニクスが開発した、電波エネルギーから電気エネルギーを取り出す技術。詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。「環境発電って使える? 使えない?、開発動向の今を追う」、電子ブックレットの「普及間近の環境発電、センサーとの融合で省エネと快適を両立へ」も、おすすめの解説記事です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.