ニュース
» 2013年05月20日 11時06分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:スマホ市場ではまだ弱いIntel

EE Times Japanで先週(2013年5月12日〜5月18日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

mm130520_top10.jpg

 1位は「【ESEC2013】ルネサス再建の先駆事例へ、スマートバイオ向けプラットフォームをデモ」、2位は「Qualcommの強さ際立つスマホ向けプロセッサ市場、Intelのシェアは0.2%」、3位は「ソニーが13.3型電子ペーパー端末を開発、早大・法大・立命大と実証実験へ」がランクインしました。

 先週は、業界/企業の動向に多くの注目が集まりました。2位の記事からは、スマートフォン向けプロセッサ市場では、依然としてQualcommが勢力を誇っていることが分かります。「なぜ弱い? Intelのテレビ/スマホ関連事業」「Intelがスマホ向け新プロセッサを発表、モバイル市場で存在感を示せるか?」も、ぜひご覧ください。

 8位の記事では、IBMのスパコンを取り上げました。この記事で紹介されている技術が実用化されれば、ガンの陽子線治療のコストを大幅に削減できるとのこと。スパコンについては、少し古い記事になるのですが、「なぜ「京」がスパコン1位を獲得できたのか」も、非常に多く読まれています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.