ニュース
» 2013年05月28日 10時41分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:順位を落としたAMD、Amazonのディスプレイ事業買収――ビジネスニュースに注目集まる

EE Times Japanで先週(2013年5月19日〜5月25日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

mm130528_top10.jpg

 1位は「HTCの最新スマホ「HTC One」を分解、筐体が開けにくく修理は“非常に困難”」、2位は「2012年のプロセッサ売上高ランキング、“万年2位”のAMDが4位に転落」、3位は「100日たっても劣化しない有機EL、NHKが開発」がランクインしました。

 先週は売上高ランキングや買収/売却、事業参入といった、ビジネスニュースに多くの注目が集まりました。特に、プロセッサの売上高ランキングで、IntelのライバルとされてきたAMDの順位が4位に転じたニュースは、よく読まれました。AMDを抜いたのはQualcommとSamsung Electronics。どちらもスマートフォン向けのプロセッサを提供しています。PC向けのプロセッサを提供するAMDは、このまま順位を下げる一方なのでしょうか。それとも再びIntelの後につける(あるいはIntelを抜く)日が来るのでしょうか。「グラフィックス分野でAMDを追うIntel、「Ivy Bridge」の投入で逆転に挑む」「「2012年はIntelとAMDの競争が激化」、アナリストが分析」「本格的に組み込み市場を狙うAMD、専用マーケティング部門を設立」なども、ぜひご覧ください。

 9位の記事は、Intelの新CEOが、さっそく同社の構造改革に向けて動き出したという記事です。より迅速に動くための体制作りをするようで、特にモバイルコンピューティング市場においてどのような戦略を展開するのかが注目されます。「タブレット向けSoC市場でIntelのシェアが急増」「Intel、PC市場の低迷で2013年Q1の売上高が7%減少」も、お読みください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.