ニュース
» 2013年06月10日 12時36分 UPDATE

製品解剖:第5世代iPod touch 16GB版を分解

Appleは2013年5月に、第5世代「iPod touch」に16GB版を追加した。電子機器の修理マニュアルなどを公開しているiFixitが16GB版の分解を行ったところ、既存の32GB版/64GB版に比べて、大きな違いはないということが分かった。

[EE Times]
mm130610_ipodtouch_120.jpg

 iFixitは、Appleが新たに追加した第5世代「iPod touch」の16GB版を分解した。本稿ではその一部を紹介する。

 iFixitのMiroslav Djuric氏は、「Appleは、第5世代iPod touchの従来モデルである32GB/64GB版から2つの主要機能を省き、16GB版として発売した」と説明する。


専用の分解キットで筐体を開ける

mm130610_ipodtouch_fig1.jpg 第5世代「iPod touch」(クリックで拡大) 出典:iFixit

 今回の分解では、iFixitが販売する、Apple製品専用の分解/修理キット『iOpener』を使って筐体(きょうたい)を開けた。iOpenerは、筐体の接着剤を簡単に溶かすことができるという。

mm130610_ipodtouch_fig2.jpg 「iOpener」で筐体(きょうたい)を開ける(クリックで拡大) 出典:iFixit

 iFixitによれば、フロントパネルを開けた時点で従来のiPod touchとの違いに気付いたという。リアケース内部にあったストラップ用の支柱がなくなっていたからだ。「Appleはおそらく、リアケースに穴を開けるコストを削減するために支柱をなくしたのだろう。従来モデルでは、この支柱を取り囲むようにスピーカが配置されていたが、スピーカの位置は変わっていない」(iFixit)。

mm130610_ipodtouch_fig3.jpg フロントパネルを開ける(クリックで拡大) 出典:iFixit

プロセッサは「A5」

 内部のボードは、フラッシュメモリを除き、32GB版/64GB版と変わらないようだ。主に以下の部品を搭載している。

  • Appleのデュアルコアプロセッサ「A5」(512MBのモバイルDDR2 RAM付き):赤い枠で囲ったチップ
  • 東芝の16GB NAND型フラッシュメモリ「THGBX2G7B2JLA01」:オレンジの枠
  • Appleの電源管理IC「3381064」:黄色の枠
  • 村田製作所のWi-Fiモジュール「339S0171」:緑の枠
  • STMicroelectronicsの3軸ジャイロセンサー:ピンクの枠
  • BroadcomのタッチスクリーンコントローラIC「BCM5976」:青い枠
mm130610_ipodtouch_fig4.jpg 第5世代iPod touch 16GBのボード(クリックで拡大) 出典:iFixit

 iFixitは、「第5世代iPod touch 16GBは、5Mピクセルのリアカメラがなくなったこと以外は、従来モデルと大きな違いはない。ロジックボードに接続されていたカメラケーブルが接続されていないこと、マイクがiPodの背面から前面に移動したこと、ストラップ用の支柱がなくなっている」と説明する。

 iFixitによれば、「当社の評価では、第5世代iPod touch 16GBの分解のしやすさは10点中3点だ。この点については、より性能の高い従来製品と同じだ」という。

mm130610_ipodtouch_fig5.jpg 第5世代iPod touch 16GBのパーツ(クリックで拡大) 出典:iFixit

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.