ニュース
» 2013年07月19日 10時46分 UPDATE

ビジネスニュース:米Fortune誌の世界企業番付、Appleが55位から19位に大躍進

米Fortuneが発表した2013年版の世界企業番付によると、売上高ベースのランキングにおいて、Appleが2012年の55位から19位に大幅にランクを上げた。AppleのライバルでもあるSamsung Electronicsは、14位だった。Appleは、利益ベースのランキングでは2位につけている。

[Junko Yoshida,EE Times]
mm130719_apple_120.jpg

 米国のビジネス誌Fortuneが、世界企業番付「Fortune Global 500(フォーチュングローバル500)」の2013年版を発表した。特に際立っていたのが、Appleの大躍進だ。同社は、2012年には55位だったが、今回は19位へと大きくランクを上げた。

 ハイテク企業としては、Appleをはじめ、Samsung Electronicsや、「Foxconn」ブランドの鴻海(Hon Hai)など、数多くのメーカーが好調な業績を上げている。しかしハイテク業界全体としては、自動車メーカーや石油関連企業には及ばなかった。

 Fortune Global 500は、世界中の株式公開企業を対象として、2013年3月31日を末日とする会計年度の売上高総額に基づき、ランク付けしたリストである。あらゆる企業の業績傾向を判断する上で、非常に便利な指標となっている。

 石油関連企業は例年通り、ランキングトップ20社の中で圧倒的な優勢を維持している。また、米国で小売最大手のWal-Mart Storesも、当然のようにトップ5入りを果たした。

Apple、利益額ランキングで世界第2位に

 2013年のFortune Global 500において最も注目すべきは、Appleの躍進だ。同社のライバル企業であるSamsungも健闘を見せ、2012年のランキングでは売上高1489億米ドルで20位だったが、2013年は同1786億米ドルで14位に順位を上げている。

 今回のAppleの快進撃は、Hon Haiにも影響を及ぼしている。Hon Haiは、2012年のランキングでは売上高1175億米ドルで43位だったが、2013年は同1321億米ドルで30位にランクを上げた。

 さらに大きな驚きをもたらしたのは、売上高トップ50社の利益ベースでのランキングだ。同ランキングでは、第1位のExxon Mobilに続き、Appleが利益額4170万米ドルで第2位の座を獲得した。一方、Samsungの利益額は、Appleの半分を下回る2060万米ドルだった。

自動車メーカーはトップ30で優位性を確保

 自動車業界からは、トヨタ自動車やVolkswagen、General Motors(GM)、Daimler、Ford Motorなど、数多くのメーカーがトップ30にランクインし、その強さを見せつけた。

 2013年のトップ20を見てみると、トヨタ自動車が2012年の10位(売上高2354億米ドル)から8位(同2657億米ドル)に順位を上げている。Volkswagenは、2012年の12位(同2216億米ドル)から、今回は9位(2476億米ドル)にランクを上げた。

 一方GMは、2012年は売上高1503億米ドルで19位にランクインし、トップ20入りを果たしていたが、2013年は売上高が1523億米ドルと微増したにもかかわらず、24位に順位を落とす結果となった。DaimlerとFordの売上高はそれぞれ1469億米ドルと1343億米ドルで、2012年からは順位を下げたものの、今回もトップ30に入っている。

【翻訳:田中留美、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.