ニュース
» 2013年07月19日 20時30分 UPDATE

TECHNO-FRONTIER 2013:安川電機がGaNデバイス搭載パワコンを2014年に発売、変換効率は98.2%

安川電機は、「TECHNO-FRONTIER 2013」(2013年7月17〜19日、東京ビッグサイト)において、次世代パワー半導体のGaN(窒化ガリウム)デバイスを搭載する、太陽光発電システム用パワーコンディショナを参考展示した。2014年中に市販する計画である。

[朴尚洙,MONOist]
安川電機のGaNデバイス搭載太陽光発電システム用パワーコンディショナ

 安川電機は、「TECHNO-FRONTIER 2013」(2013年7月17〜19日、東京ビッグサイト)において、次世代パワー半導体のGaN(窒化ガリウム)デバイスを搭載する、太陽光発電システム用パワーコンディショナを参考展示した。2014年中に市販する計画である。

 このパワーコンディショナは、Transphormと共同開発したGaN-HMETを採用。GaNデバイスによる高速スイッチングで受動部品を小型化するとともに、回路本体が低損失であることから冷却システムも小型化できた。このため、Si(シリコン)-IGBTを用いている、同社パワーコンディショナの現行品と比べて、設置面積が2分の1になったという。

 また、変換効率も、現行品の96%強から98.2%に向上した。これは、GaNデバイスによる高速スイッチングに加えて、安川電機独自の新制御方式によって実現した。また、GaN-HEMTが、Si-MOSFETと同様に低出力時でも高い変換効率が得られることもメリットの1つになるとしている。

安川電機のGaNデバイス搭載太陽光発電システム用パワーコンディショナ 安川電機のGaNデバイス搭載太陽光発電システム用パワーコンディショナ(クリックで拡大) 出典:安川電機

TECHNO-FRONTIER 2013特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.