ニュース
» 2013年07月22日 10時31分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:企業番付は意外に低かったApple

EE Times Japanで先週(2013年7月14日〜7月20日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

mm130722_top10.jpg

 1位は「燃料電池車に再び熱い視線、大手自動車メーカーが次々協業」、2位は「SamsungとApple、14nm世代のプロセッサ「A9」の製造で契約か」、3位は「ルネサス、輝度0.001%から3万ステップでLEDを調光できる“想定外”のシステムを公開」がランクインしました。

 6位は、米国のビジネス誌Fortuneが発表した、世界企業番付を紹介した記事です。2013年版の番付では19位のAppleですが、2012年版では55位。その知名度から想像できる順位ではありませんでした。

 さて、そのAppleは、プロセッサ「A9」の製造をSamsung Electronicsに委託するという報道が流れました。さらに、GLOBALFOUNDRIESとも交渉中だと言われています。Appleは、供給の安定のために、いくつかのファウンドリに製造を委託する方がよいと判断したのでしょうか。特許係争が原因でSamsungを切っているわけではなく、複数のファウンドリに委託し、個々のファウンドリの実力をみようとしているのかもしれません。「Appleのプロセッサ「Aシリーズ」の系譜」「Apple A4プロセッサを分解、「革命」ではなく「進化」の産物」なども、併せてご覧ください。

 3位は、先週(7月17〜19日)開催された「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア) 2013」の記事です。過去のリポートを含め、テクノフロンティア関連のリポートはこちらからお読みいただけます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.