ニュース
» 2013年07月22日 20時17分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:インテルが2013年Q2の決算を発表、純利益は前年同期比で29%減に

インテル(Intel)の2013年第2四半期は、売上高、純利益ともに2012年第2四半期に比べて減少する結果となった。2013年5月に就任したばかりの新CEOは、ウルトラモバイル機器市場向けの製品開発を最優先にするとしている。

[Peter Clarke,EE Times]
mm130722_intel_120.jpg

 インテルは、2013年第2四半期の決算を発表した。それによると、売上高は128億米ドル、純利益は20億米ドルだったという。前年同期比で、売上高は5.1%減少、純利益は29.3%の減少となった。

 2013年第1四半期に比べると、売上高は2%増加、純利益は2%減少している。

 インテルは、2013年第3四半期の売上高は、同年第2四半期に比べて1.4〜9.2%の増加となる、130億〜140億米ドルと予測している。一方で、2013年通年の売上高に関しては「2012年とほぼ同等になる」として、実質的な増加率は0%と下方修正した。同社は当初、2013年の売上高の増加率を1桁前半としていた。

 さらに、2013年の設備投資額も110億±5億米ドルと、当初の予測から10億米ドル下方修正した。

 2013年5月にインテルのCEO(最高経営責任者)に就任したばかりのBrian Krzanich氏は、「就任して2カ月、顧客や従業員、経営陣からインテルと業界全般に関するさまざまな意見に耳を傾けてきたが、当社の事業機会について、これまで以上に自信を深めている。われわれは、未開拓のコンピュータ市場機会を捉えるべく、急速に成長するウルトラモバイル機器市場向けに、最良の製品を作り出すことを最優先事項とする」と述べている。

四半期決算の比較(単位:米ドル)
項目 2013年Q2 2013年Q1 2012年Q2 対2013年Q1比 対2012年Q2比
売上高 128億 126億 135億 2%増加 5.1%減少
営業利益 27億 25億 38億 8%増加 29%減少
純利益 20億 20億5000万 28億 2%減少 29.3%減少
1株当たり利益 0.39 0.40 0.54 3%減少 28%減少

【翻訳、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.