ニュース
» 2013年07月29日 10時52分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:変化の激しいスマホ市場

EE Times Japanで先週(2013年7月21日〜7月27日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

mm130729_top10.jpg

 1位は「やはり過酷なスマホ市場、NECは撤退か」、2位は「TOEICを斬る(前編) 〜悪魔のような試験は、誰が生み出したのか〜」、3位は「東芝がテレビ・PC事業の構造改革を発表、新興国/BtoB市場へのシフト加速」がランクインしました。

 1位は、NECがスマートフォン市場から撤退する可能性を報じた記事です。4位の記事では、「iPhone」の出荷の伸び悩みを紹介しました。モバイル機器市場の中でもスマートフォン市場は特に変化が激しいことを示すような内容でした。2013年秋にiPhoneの廉価版を発表すると言われているApple。低価格のスマートフォンを発売するメーカーが次々に登場する中、Appleも現在の価格帯のスマートフォンだけでは勝負しきれないと考えたのかもしれません。「2013年6月の出来事で読み解くスマホ市場動向」「スマホ市場の王者交代? 大画面化の先行でSamsungに追い風」「力をつけてきた中国スマホメーカー、市場にどこまで食い込むか」も、併せてお読みください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.