ニュース
» 2013年08月01日 11時07分 UPDATE

ビジネスニュース 業界動向:2013年Q2のスマホ市場、営業利益でSamsungがAppleを抜く

「GALAXY S4」をはじめ、スマートフォンの機種を豊富にそろえるSamsung Electronics(サムスン電子)が、スマートフォンの営業利益でApple(アップル)を抜いた。一方で「iPhone」は、中国の低価格スマートフォンに押され、販売台数が伸び悩んでいるという。

[Peter Clarke,EE Times]
mm130801_samsung_120.jpg

 米国の市場調査会社であるStrategy Analyticsによると、Samsung Electronicsは、2013年第2四半期におけるスマートフォンの営業利益で世界第1位の座を獲得したという。

 同四半期におけるSamsungの携帯電話事業部門の営業利益は、52億米ドルに達した。Appleは、「iPhone」の販売による営業利益が約46億米ドルで、2位に順位を落とした。Strategy Analyticsは、「中国メーカーをはじめとするライバル企業とAppleの競争は激化していて、『iPhone 5』の売上高が伸び悩んだ。それによって粗利益率も低下した」と分析している。

 Appleは、2009年第3四半期から2013年第1四半期までの間、スマートフォンの営業利益で首位の座を確保してきた。

mm130801_samsung_fig1.jpg 2013年第2四半期におけるスマートフォンの出荷台数(単位は百万台) 出典:Strategy Analytics

 2013年第2四半期の世界スマートフォン出荷台数は、2億2960万台に達した。前年同期比で47%増加している。

 2013年第2四半期におけるSamsungのスマートフォン出荷台数は7600万台で、33.1%のシェアを獲得した。一方、Appleのスマートフォン出荷台数は3120万台で、シェアは13.6%だった。

 Strategy Analyticsでリサーチディレクタを務めるNeil Mawston氏は、「iPhoneの販売台数は伸び悩みをみせている。このままではiPhoneは、ローエンドの3インチ台Androidスマートフォンと、ハイエンドの5インチ台Androidスマートフォンの挟み撃ちにあう可能性がある」と述べている。

【翻訳:田中留美、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.