ニュース
» 2013年08月06日 19時15分 UPDATE

高速シリアルインタフェース技術:転送速度10Gビット/秒の「USB 3.1」仕様策定が完了

USB Implementers Forumは、最大転送速度10Gビット/秒を実現するUSB最新仕様「USB 3.1」の仕様策定が完了したと発表した。

[EE Times Japan]
120_tt130806USB.jpg

 USB規格策定団体であるUSB Implementers Forum(USB-IF)のUSB 3.0 Promoter Groupは、Super Speedモードでの転送速度を従来の2倍となる10Gビット/秒に高速化する拡張機能を追加した仕様「USB 3.1」の策定を完了したと発表した。従来のUSB3.0仕様の転送速度は、最大5Gビット/秒だった(関連記事:知っておきたいUSB3.0まとめ)。

 USB 3.1仕様は、従来のUSB 3.0の仕様を拡張しているため、USB 3.0やUSB 2.0などとの完全な下位互換性があるという。プレスリリースによると、「より効率的なデータ符号化方式を採用し、完全な下位互換性のあるUSBコネクタとケーブルを通じて、従来の2倍以上の実効スループットを実現する」としている。

 USB 3.1仕様の詳細については、2013年8月21日開催の開発者会議「USB 3.1 Developers Day US」(米国オレゴン州ヒルズボロ)などで公表される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.