ニュース
» 2013年08月12日 10時25分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:サムスンの3次元NANDに「エルピーダ」の消滅…、メモリ業界の話題目立つ

EE Times Japanで先週(2013年8月4日〜8月10日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

mm130812_top10.png

 1位は「サムスン電子が「業界初」の3次元NANDを量産」、2位は「2013年上半期半導体売上高ランキング――メモリ好調の一方で、日本勢の苦戦目立つ」、3位は「Spansion、富士通のマイコン/アナログ事業買収を完了」がランクインしました。

 今回は、メモリ業界関連の記事が何本もランクインしています。中でも大きな話題は、10位のMicron Technologyによるエルピーダメモリの買収完了でしょうか。日本からDRAM専業メーカーは消えることになりますが、DRAM市場自体は、DRAMの販売価格が安定してきていることもあり、以前ほど悪い状態ではなくなっています。「Micronとエルピーダ、提携すればDRAM業界は再編へ」「DRAM価格が堅調に上昇、2010年10月以来の高値に」なども、併せてお読みください。

 インタフェース関連では、USB3.1の仕様策定が完了したというニュースがありました。同規格の最大転送速度は10Gビット/秒。2014年にも対応製品が登場するとみられています。これを機に「知っておきたいUSB3.0まとめ」「携帯型機器にこそ役立つ「USB 3.0」、Wi-Fiではダメなのか」などをご覧になってはいかがでしょうか。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.