ニュース
» 2013年08月26日 13時50分 UPDATE

ビジネスニュース:新型「Nexus 7」が日本上陸

2013年7月末に米国で発表された、Googleの7インチタブレットの新型「Nexus 7」が、2013年8月28日より、日本でも発売が開始される。Android 4.3(Jelly Bean)旧型のNexus 7よりも1.8mm薄く、50g軽くなった。Qualcommのクアッドコアプロセッサ「Snapdragon S4 Pro」を搭載している。ディスプレイの解像度は1920×1200画素で、画素密度は323ppiと、7インチタブレットでは最高を実現している。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
mm130826_nexus7_120.jpg

 Googleは2013年8月26日、新型の7インチタブレット端末「Nexus 7」を日本国内向けに発表した。Android 4.3(開発コード名:Jelly Bean)を搭載した初めてのモデルとなる。Wi-FiモデルとLTEモデルがあり、Wi-Fiモデルは8月28日から、LTEモデルは9月中旬から発売を開始する。販売価格は、Wi-Fiモデルの16GB版が2万7800円、同32GB版が3万3800円、LTEモデルの32GB版が3万9800円となっている。


mm130826_nexus7_fig1.jpgmm130826_nexus7_fig2.jpg 2013年8月28日から日本国内で発売が開始される新型「Nexus 7」。サイズは114×200×8.65mm。1.2Mピクセルの前面カメラと5Mピクセルの背面カメラを搭載している(クリックで拡大)

 GoogleとASUSが共同で開発した新型Nexus 7は、2013年7月にGoogleが米国で開催したプレスイベントで最初に発表された(関連記事:タブレット市場での存在感増すGoogle、新型「Nexus 7」の投入で)。

 Qualcommのクアッドコアプロセッサ「Snapdragon S4 Pro」(動作周波数は1.5GHz)と、GPU「Adreno 320」(動作周波数は400MHz)、2GバイトのRAMを搭載している。プロセッサの性能は旧型Nexus 7に比べて1.8倍に、GPUの性能は4倍になった。一方で、サイズは1.8mm薄く、50g軽くなっている。バッテリをフル充電した状態で、9時間のHDビデオ再生、10時間のWebブラウジングを行える。さらに、ワイヤレス充電(Qi規格)にも対応している。

画素密度は323ppi

 Nexus 7で最も力を入れた要素の1つがディスプレイだ。サイズは7.02インチで、解像度は1920×1200画素。画素密度は323ppiと、7インチクラスのタブレット端末では最も高い画素密度を実現している。これにより、1080pのフルHD動画も滑らかに再生できる。旧型のNexus 7のディスプレイは、解像度が1280×800画素、画素密度は216ppiだった。

 GoogleでGoogle Playのエンジニアリングディレクターを務めるクリス・ヤーガ氏は、「タブレットでWebをブラウジングしたり、動画や映画を見たりする機会が増えている今、高精細のディスプレイはタブレットを差異化する大きな要素になっている」と語っている。

mm130826_nexus7_fig3.jpg Nexus 7を掲げるGoogleのクリス・ヤーガ氏

 Nexus 7は、1台の端末を複数のユーザーで共有できるマルチユーザーに対応している。新型Nexus 7では、Android 4.3を搭載したことで「制限つきプロフィール機能」の追加が可能になった。これによって、例えば親子で端末を共有している場合、親のアカウントから子供のプロフィールを追加して、子供がアクセスできるコンテンツに制限をかけるといった、ペアレンタルコントロール機能を実現できるようになる。

 日本は、米国とカナダに続き、新型Nexus 7を販売する3カ国目となる。なお、Googleは販売目標台数は公表しなかった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.