ニュース
» 2013年09月03日 14時14分 UPDATE

ビジネスニュース 事業買収:マイクロソフトがノキアを買収、3万2000人が移籍へ

マイクロソフトが、ノキアを54.4億ユーロで買収する。Windowsスマートフォン「Lumia」でシェア巻き返しを図っていたノキア。だが、Lumiaは再生の決め手にはならず、従業員を削減するなど苦境に陥っていた。

[EE Times Japan]
120_tt13.jpg

 マイクロソフトは2013年9月2日(米国時間)、ノキアの携帯電話機事業と関連特許などを買収すると発表した。買収額は総額54.4億ユーロ(約7130億円)で、2014年1-3月に買収を完了させる予定としている。

 マイクロソフトが取得するのは、ノキアの携帯電話機事業の他、同事業に関わる特許ライセンスなど全てと、地図サービスの使用ライセンス。支払い総額54.4億ユーロのうち、37.9億ユーロが携帯電話機事業買収に伴うもので、残り16.5億ユーロは特許ライセンス取得費用としている。

 マイクロソフトとノキアは、2011年2月に業務提携を結び、ノキアがマイクロソフトのOS「Windows Phone」を搭載したスマートフォン「Lumia」を展開していた。

 買収に際して、ノキアの従業員約3万2000人がマイクロソフトに移るという。この中には、フィンランドの従業員4700人と、世界の製造/組み立て/パッケージング工場に勤務する1万8300人が含まれている。

 マイクロソフトのCEOであるSteve Ballmer氏は、「今回の買収は、将来に向けての大きなステップとなる。両社の従業員と株主、そして消費者に利益をもたらすだろう」と述べた。

mm130903_nokia_fig1.jpg 「Lumia」はノキア単独での再生の決め手にはならなかった

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.