ニュース
» 2013年09月05日 15時35分 UPDATE

ビジネスニュース:クアルコムもスマートウオッチを年内に発売、Android端末と連携し無線充電も可能

Qualcomm(クアルコム)は、時計型のスマートデバイスを発表した。Android 4.0.3以上に対応するモバイル端末と連携し、ワイヤレス充電も可能だという。2013年内に発売する予定だとしている。

[EE Times Japan]
mm130905_qualcomm_120.jpg

 Qualcommは2013年9月4日(米国時間)、同社の子会社であるQualcomm Connected Experiencesが2013年第4四半期に、タッチスクリーンであるMirasolディスプレイを搭載したスマートウオッチ「Qualcomm Toq(クアルコム トーク)」を発売すると発表した。

 Qualcomm Toqは、Android 4.0.3(Ice Cream Sandwich)以上を搭載するモバイル端末に対応する。スマートフォンなどと連携して、数日間使用できるほどの電池寿命を実現しているという。

 着信やメール、スケジュールなどの通知を受け取る他、オプションのワイヤレスイヤフォンを使えばBluetoothで接続して音楽も聞ける。音楽を再生している際に着信を受け取ることもできる。さらに、Qualcommの磁界共鳴方式のワイヤレス給電技術である「WiPower」によって、ワイヤレス充電も可能だ。

 Qualcommは、ソフトウェアのアップグレードによって機能を追加していく予定である。まずは、同社の子会社であるQualcomm Lifeが提供する、家庭向け無線医療ソリューションである「2net」の追加が予定されているという。

 スマートウオッチやスマートグラスなど、ウェアラブルな機器への注目は高まっていて、同日である2013年9月4日にはSamsung Electronicsもスマートウオッチ「GALAXY Gear」を発表したばかりである(関連記事:サムスンがスマートウオッチ「GALAXY Gear」を発表、CPUは800MHzの1コア)。

 なお、外形寸法に関する詳細は明らかにはされていないが、厚さは9.6mm程だという。販売価格は、発売の直前に発表するとのこと。

mm130905_qualcomm_fig1.jpg Qualcommが発表した「Qualcomm Toq」(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.