ニュース
» 2013年09月14日 06時00分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:スマートウオッチ市場、早くも競争激化の予感

EE Times Japanで先週(2013年9月7日〜9月13日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

mm130906_top10.jpg

 1位は「iPhone 5Sを解剖!? 気になる新機能と搭載部品を探る」、2位は「ルネサス包囲網! フリースケールとロームが車載分野で協業」、3位は「GLOBALFOUNDRIESが新ファブの建設へ、アップルの新たな製造委託先となるのか?」がランクインしました。

 10位は、クアルコムがスマートウオッチを年内に発売するという記事です。スマートウオッチ向けのチップではなく、“スマートウオッチそのもの”を発表したことに少し驚きを覚えました。読者の方も同様に感じたのかもしれません。この直前に、Samsung Electronicsもスマートウオッチ「GALAXY Gear」を発表しているのですが、記事のランキングだけで判断する限り、Samsungよりもクアルコムのスマートウオッチへの注目度の方が高かったようです。同市場は、早くも競争が始まっています。

 今回のランキングは、「iPhone 5s」の“予備的”な分解記事が圧勝でした。それに伴い、前世代である「iPhone 5」の分解記事をはじめ、AppleやiPhoneに関連する過去のニュース/記事が続々とランキング(10位以下ですが)に再浮上しています。「iPhone 5を分解、新型プロセッサ「A6」の謎に迫る」「やはりSamsungを切ったApple、「A7」プロセッサはTSMCがまもなく設計完了か」「Appleのプロセッサ「Aシリーズ」の系譜」などです。こちらのiPhone/Apple関連記事まとめページでは、その他の記事もお読みいただけますので、ぜひご覧ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.