ニュース
» 2013年09月18日 07時30分 UPDATE

フォトギャラリー:IDF 2013にみる“Intel新CEOの心意気” (1/5)

2013年9月10〜12日、米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催されたIntelの開発者向け会議「Intel Developer Forum 2013(IDF 2013)」。CEO(最高経営責任者)として初めて臨んだBrian Krzanich氏の基調講演の模様などIDF 2013を写真で振り返る。

[Rick Merritt,EE Times]
120_tt130918IDF_P00.jpg

 Intelの新しいCEO(最高経営責任者)であるBrian Krzanich氏は、同社の開発者向け会議「Intel Developer Forum 2013(IDF 2013)」(2013年9月10〜12日に米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催)において、CEOとして初めて基調講演に登壇した(関連記事:Intelの新CEO、構造改革に向けて始動)。「Intelは、コンピューティング関連のあらゆる分野において、リーダーとしての地位を確立することを目指す」と語り、準備万端、整った誠実な人物像を表した。

tt130918IDF_P01.jpg IntelのCEOであるBrian Krzanich氏。講演では14nm世代のSoC「Broadwell」(2013年中に出荷開始予定)をノートPCで動作させて披露した。消費電力量を従来比で30%低減できるという

 Krzanich氏は、「BK」の愛称で広く知られている。今回の講演では、さまざまな例を提示しながら、主張内容について説明した。同氏はまず、Intelにとって初となる14nmプロセスを適用したプロセッサ「Broadwell」を、ノートPCで動作させるデモを披露した。さらに、タブレット/サーバ市場におけるIntelの取り組みについて語り、モノのインターネット(IoT:Internet of Things)に向けた新しいx86プロセッサ「Quark」ファミリを発表した(関連記事:Intelが“iPhone 5sのA7”と同じ64ビットSoC「Quark」を発表――マイコン市場を脅かすか?)。

 Intelは今回のIDFにおいて、マイクロサーバ向けSoCやシリコンフォトニクス技術などを披露することにより、現在のクラウドコンピューティング市場において支配的な地位にある同社の位置付けを、引き続き拡大していきたい考えであることを示した。同社が今後、PC市場に新風を吹き込み、次世代モバイルシステムにおいてリーダーとしての座を獲得できるのかどうか、今のところはまだ分からない。

 IDF 2013の様子を、以下にフォトギャラリー形式でお伝えする。60GHz帯を使ったパナソニックの無線通信技術や、EMCのNVM Express(NVMe)フラッシュをはじめ、Intelがさまざまなコンピューティング分野において手掛けているイニシアチブなど、数々の新しい取り組みを紹介したい。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.