ニュース
» 2013年09月22日 08時30分 UPDATE

製品解剖:iPhone 5s搭載「M7コプロセッサ」はNXP製マイコン――Chipworksが分解 (1/2)

Chipworksが「iPhone 5s」の分解報告書を公表し、iPhone 5sのメインプロセッサ「A7プロセッサ」はサムスン電子が製造し、「M7コプロセッサ」はNXPセミコンダクターズ製マイコンだったとした。

[Rick Merritt,EE Times]
120_tt130922EE00.jpg

 Chipworksによると、「iPhone 5s」に搭載されるメインプロセッサ「A7プロセッサ」はサムスン電子が製造し、「M7コプロセッサ」はNXPセミコンダクターズ(以下、NXP)製マイコンだったという。iPhone 5sは、Apple(アップル)が2013年9月20日に発売した新型スマートフォン。ChipworksがiPhone 5sの分解を試み、その報告書を公表した。

tt130922EE01.jpg 「iPhone 5s」の基板上に実装された「M7コプロセッサ」とみられる「LPC18A1」 (クリックで拡大) 出典:Chipworks

 Chipworksのアナリストは報告書で、「“M7”をiPhone 5sの内蔵基板上で見つけることは非常に困難だった」としながらも、「幸いにも、われわれは、“LPC18A1”という型番のM7を見いだすことができた。このLPC18A1は、NXPのARM Cortex-M3コア搭載マイコン“LPC1800シリーズ”のデバイスだ」とした。そして、「これは、NXPにとって大きな勝利である」と付け加えている。

tt130922EE02.jpg 「LPC18A1」のチップ内部にある刻印部分。「LPC18」「MCO11040」の文字が確認できる (クリックで拡大) 出典:Chipworks

 M7コプロセッサは、加速度センサー、ジャイロセンサー、電子コンパスなどの各種センサーを制御するデバイスである。Chipworksは、「アップルは伝統的に加速度センサー、ジャイロセンサーについてはSTマイクロエレクトロニクス製品、電子コンパスは旭化成マイクロデバイス(以下、AKM)製品を使用する」と指摘し、「われわれは、既にAKMの『AK8963』という電子コンパスを確認した」と報告している。

tt130922EE03_1.jpg 「iPhone 5s」の基板写真 出典:Chipworks

 Chipworksのアナリストの見解が正しければ、これまでM7コプロセッサが“アップル独自のカスタムチップ”とされてきた推測は間違っていたことになる。M7は、恐らくNXPがデザインした製品の一部をカスタマイズした派生的なデバイスだと思われる。

tt130922EE03.jpg 「LPC18A1」のチップ内部 出典:Chipworks
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2016 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.