ニュース
» 2013年09月24日 17時00分 UPDATE

CEATEC 2013 開催直前情報:「ユーザーも気づいていない用途を探る」、日本電波工業がスマート社会向け超小型水晶振動子などを提案

日本電波工業はCEATEC 2013で、「For the People,For the Life − 水晶がもたらすエレクトロニクスの可能性 −」をテーマに、「通信」「健康」「安全」の観点から水晶デバイスを展示する。4G対応チップセット向けの超小型振動子、建造物のモニタリングに欠かせない振動センサーなど、今後需要が高まる分野向けに、最新の製品を紹介する。

[EE Times Japan]
mm130924_ceatec_nippa_120.png

 2013年10月1〜5日の5日間、最先端ITとエレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2013(以下、CEATEC 2013)」が、千葉・幕張メッセで開催される。

 CEATEC 2013の開催に先立ち、アイティメディアが運営するEE Times Japan、EDN Japan、MONOist、スマートジャパンの4メディアではCEATEC 2013の特設ページを設け、各編集部が厳選した注目企業の見どころ情報や新製品リリース、速報、イベントリポートなどを多数紹介していく。

>>4メディア合同「CEATEC JAPAN 2013特集」

 本稿では、人工水晶を用いた水晶振動子、水晶発振器、水晶フィルタなどを手掛ける日本電波工業の出展内容を紹介する。

水晶の魅力を、「通信」「健康」「安全」の観点でアピール

 日本電波工業のCEATEC 2013のテーマは、「For the People,For the Life − 水晶がもたらすエレクトロニクスの可能性 −」だ。同社は、「“スマート社会”が拡大する中、エレクトロニクス製品はこれまで以上にわれわれの生活や社会の発展において重要な役割を果たすようになている。そうした製品に欠かせない水晶デバイスの魅力や可能性を伝えるべく、このテーマを選んだ」と述べる。

 同社は、スマート社会の実現に向けて、水晶デバイスの役割や可能性を「通信」「健康」「安全」の領域から紹介する。

  • 「通信」:4G(第4世代)へと進化を続ける移動体通信向けに、チップセット対応超小型薄型振動子、超低消費電流クロック用発振器など、ネットワークの進化に不可欠な新製品を展示。システムの高機能化が進む基地局や光ネットワーク向けには、よりハイスペックなVCXO、OCXOなどの新製品、開発中製品を紹介する
  • 「健康」:医療機関での各種検査やX線を照射できない妊婦の胎児検診などに広く利用され、医療分野には欠くことのできない存在となっている超音波センサーを紹介する。併せて、ヘルスケア、美容、スポーツ科学などの分野向けの超音波センサーも披露する予定
  • 「安全」:老朽化が進んだ道路や橋などの構造物の安全性の確認が必要不可欠となっている。人体では感じない揺れや傾きを感知する高感度の振動・傾斜センサー紹介する
mm130924_ceatec_nippa1.pngmm130924_ceatec_nippa2.png 超小型高安定水晶発振器(左)と振動・傾斜センサー(クリックで拡大)

 CEATEC 2012では、「スマートコミュニケーション」を基本コンセプトに、「通信」の領域から、モバイル、光、モビリティといった用途で水晶デバイスを紹介した日本電波工業。今回は通信に加えて、「健康」「安全」の領域でも、センシングという側面から水晶デバイスの可能性をアピールする。

ユーザー側も気づいていない水晶デバイスの可能性を引き出す

 他の電子部品と同様に、水晶デバイスも、小型化、低消費電力、高信頼性、高精度、高周波、高感度など、厳しい技術的要求を常に受けている。加えて、近年は単一機能が主であった商品の多機能化、高機能化が進み、水晶デバイスが果たすべき性能も複雑つ高度になってきている。日本電波工業は、「こうした市場要求に応えるべく長年培った当社のコア技術である水晶技術をベースに新材料、新工法の開発を進め、更には通信回路技術や生化学技術といった異分野の技術を融合し、“水晶の特性を最大限に引き出す技術”を駆使し、『水晶』を通して、お客様の最先端のニーズに応えていきたい」と語る。

 日本電波工業がCEATEC 2013において注目するのは、

  • 固定通信用機器の周波数発振源の技術動向(LTE-advancedなど)
  • 衛星測位システム関連の技術(GPS、GLONASS、ガリレオ、北斗、みちびきなど)
  • インフラ(道路、橋、線路、公共建築物)の保全に関わるセンシング技術の技術動向(センシングデバイスと基地局をつなぐデータ通信機器の周波数発振源関連の技術)
  • 医療に関連したセンシング技術の技術動向(医療の高度化に関連したセンシング技術)

だという。「市場の融合が進む中、従来の視点で市場や用途、顧客だけを追いかけていたのでは、市場や技術からも取り残されてしまう。当社には見えていない市場や用途、技術的な可能性、あるいは、ユーザー側も気づいていない水晶デバイス、エレクトロニクスの可能性を、CEATECという異分野、異種技術との交流の場を通じて引き出せれば、と考えている」(日本電波工業)。

CEATEC JAPAN 2013(CEATEC 2013)

会期 2013年10月1日(火)〜5日(土)
時間 10:00〜17:00
会場 千葉・幕張メッセ
日本電波工業 ブースNo.:2A60


CEATEC JAPAN 2013特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.