ニュース
» 2013年09月30日 10時16分 UPDATE

フォトギャラリー:iPhone 5sのプロセッサ「A7」を解析 (1/2)

Chipworksが「iPhone 5s」のプロセッサ「A7」のブロック図を公開した。指紋認証センサーのデータを保存する3MバイトのSRAMを搭載しているようだ。

[Rick Merritt,EE Times]
mm130930_apple_120.jpg

 「iPhone 5s」の分解を行ったChipworksによると、プロセッサ「A7」は、 Imagination Technologiesの「PowerVR Series 6」クアッドコアGPUを搭載しているようだ。また、3MバイトのSRAMも集積しているようで、これは指紋認証センサー用のデータストレージとして使用されている可能性があるという。

「A7」「A6」を比較

 Chipworksによれば、32nmプロセスで製造されているA6では、SRAMの面積は約0.15μm2だという。28nmプロセスを適用したA7では、同じSRAMの面積が約0.12μm2まで縮小している。

mm130930_a7_2.jpg プロセッサ「A7」(クリックで拡大)

 A7では、デュアルコアCPUとキャッシュがダイ面積の約17%を、クアッドコアGPUと共有ロジックが約22%を占めている。A7のCPUがカスタム設計なのかどうかは、いまだに議論されている。ARMのCortex-A53/Cortex-A57を組み合わせたものだと推測する専門家もいる。

mm130930_a7_3.jpg プロセッサ「A6」(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.