ニュース
» 2013年10月02日 16時35分 UPDATE

CEATEC 2013:新型「フィット」と新型「アクセラ」の電気二重層キャパシタは日本ケミコン製

日本ケミコンは、「CEATEC JAPAN 2013」において、ホンダの新型「フィット」とマツダの新型「アクセラ」に、電気二重層キャパシタ「DLCAP」が採用されたことを明らかにした。

[朴尚洙,MONOist]
新型「フィット」の電気二重層キャパシタモジュール

 日本ケミコンは、「CEATEC JAPAN 2013」(2013年10月1〜5日、幕張メッセ)において、同社の電気二重層キャパシタ「DLCAP」が、2013年9月に発売されたホンダの新型「フィット」と、同年秋発売予定のマツダの新型「アクセラ」に採用されたことを明らかにした。

 新型フィットの排気量1.3lエンジンモデルは、標準装備のアイドルストップシステムの蓄電デバイスとして、鉛バッテリーと比べて素早く充放電でき、繰り返し使用しても劣化が少ない電気二重層キャパシタを採用している(関連記事:新型「フィット」の1.3lエンジンモデル、燃費26.0km/lで日産「ノート」を上回る)。この電気二重層キャパシタに採用されたのが、DLCAPの高出力品である「DXEシリーズ」だ。新型フィットの電気二重層キャパシタモジュールは、容量1.2WhのDXEシリーズを直列で6本並べており、総容量は7.2Whとなっている。

sp_131002ceatec_chemicon_01.jpgsp_131002ceatec_chemicon_02.jpg 新型「フィット」の電気二重層キャパシタモジュール。手前にある、日本ケミコンの「DLCAP」を採用している(クリックで拡大)

 日本ケミコンは、マツダが2012年11月発売の「アテンザ」に採用した減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」にも、i-ELOOP専用のDLCAPを供給している(関連記事:10秒チャージで電装品が1分以上動く、新型「アテンザ」搭載の「i-ELOOP」)。間もなく発売の新型アクセラもi-ELOOPを搭載する予定だ。この新型アクセラのi-ELOOPに用いられる電気二重層キャパシタモジュールも展示されていた。

sp_131002ceatec_chemicon_03.jpgsp_131002ceatec_chemicon_04.jpg 新型「アクセラ」の「i-ELOOP」も、「DLCAP」を用いた電気二重層キャパシタモジュールを搭載する(クリックで拡大)
CEATEC JAPAN 2013特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.