ニュース
» 2013年10月03日 07時00分 UPDATE

CEATEC 2013:新型「フィット ハイブリッド」採用のDC-DCコンバータ、次世代品はさらに小型化

TDKは、「CEATEC JAPAN 2013」で、ホンダの新型「フィット ハイブリッド」に採用された車載用DC-DCコンバータを展示した。2016年をめどに開発中の次世代品は、体積を3分の2に小型化すること目標としている。

[朴尚洙,MONOist]
TDKの車載用DC-DCコンバータ

 TDKは、「CEATEC JAPAN 2013」(2013年10月1〜5日、幕張メッセ)において、ホンダが2013年9月に発売した新型「フィット ハイブリッド」に採用された車載用DC-DCコンバータを展示した。

 この車載用DC-DCコンバータは、新型フィット ハイブリッドのリチウムイオン電池パックの出力電圧を降圧するのに用いられる。出力電力は14.5kW(出力電圧14.5V/出力電流100A)で、出力密度は1cm3当たり2Wとなっている。従来品の出力密度が1cm3当たり1Wなので、体積比で2分の1の小型化を実現したことになる。

 新型フィット ハイブリッドの車載用DC-DCコンバータは、TDKにとって第5世代品となる。現在は、2016年をめどに第6世代品の開発を進めており、出力密度は、1cm3当たり3Wが目標。第5世代品と比べて、体積で3分の2の小型化が可能になる計算だ。

TDKの車載用DC-DCコンバータの開発ロードマップ TDKの車載用DC-DCコンバータの開発ロードマップ(クリックで拡大) 出典:TDK

車載充電器も公開

 TDKは、プラグインハイブリッド車や電気自動車の車載充電器も供給している。2012年に開発した第2世代品は、出力電力が3.3kWで、出力密度が1cm3当たり0.7Wだった。2016年をめどに開発を進めている第3世代品は、出力密度を1cm3当たり1.1Wに高める計画である。

TDKの車載充電器の開発ロードマップ TDKの車載充電器の開発ロードマップ(クリックで拡大) 出典:TDK
TDKの車載用DC-DCコンバータと車載充電器 TDKの車載用DC-DCコンバータと車載充電器。左から、車載用DC-DCコンバータの第4世代品、新型「フィット ハイブリッド」に採用された第5世代品、車載充電器の第2世代品(クリックで拡大)
CEATEC JAPAN 2013特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<


関連キーワード

TDK | CEATEC 2013 | DC-DCコンバータ | CEATEC


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.