ニュース
» 2013年10月03日 11時20分 UPDATE

CEATEC 2013:視界にナビ情報が浮かび上がる! レーザープロジェクションタイプのヘッドアップディスプレイ

ミツミ電機は、自社開発のMEMSミラーを使用したレーザープロジェクションタイプのヘッドアップディスプレイ(以下、HUD)のデモを展示した。従来のHUDはフロントガラス面に映像が投影されるものが多いが、展示されたシステムでは、フロントガラスの向こう側に浮かび上がる形で映像が表示される。

[竹本達哉,EE Times Japan]
120_tt131003MITSUMI00.jpg

 ミツミ電機は、「CEATEC JAPAN 2013」(2013年10月1日〜5日、幕張メッセ)で、自社開発のMEMSミラーを使用したレーザープロジェクションタイプのヘッドアップディスプレイ(以下、HUD)のデモを展示した。従来のHUDはフロントガラス面や透過型スクリーンに映像が投影されるものが多いが、展示されたシステムでは、フロントガラスの向こう側に浮かび上がる形で映像が表示される。

 ミツミ電機は以前から、自社でプロジェクターなどに応用可能なMEMSミラーの開発を実施してきた(関連記事:ミツミ電機がMEMSミラーを開発、フォーカスフリーのプロジェクタを実現可能に)。今回、自社のMEMSミラーの応用例の1つとして、レーザープロジェクションタイプのHDUのデモを披露した。

tt131003MITSUMI01.jpgtt131003MITSUMI02.jpg レーザープロジェクションタイプのヘッドアップディスプレイのデモ。フロントガラスよりも先に、ナビゲーションなどの情報映像が表示され、まるで路面に描かれている情報かのように自然な形で目に入る (クリックで拡大)

 システムは、MEMSミラーの他、MEMSドライバICやシステム制御ICなど主要デバイスを自社開発して実現した。MEMSミラーにRGB(赤、緑、青)の3色のレーザーを当てて映像を作成。その映像を、ミラーなどの光学系部品を介して、投影するもの。

 デモでは、投影された映像が、フロントガラスより、数十センチ先に浮かび上がるように見え、より自然な形でナビゲーションなどの情報が視界に入る。レーザー光源の出力などにもよるが「明るい場所でも、十分に認識できる輝度、コントラストが実現できている」(説明員)という。

 「フロントガラス面などに投影する場合、ガラスの形状などにより映像が歪むが、このレーザープロジェクションシステムであれば、映像に歪みがなく映し出せる。画角も広い点も特長で、横から見る場合でも情報がハッキリ確認できる」(説明員)とした。

tt131003MITSUMI04.jpgtt131003MITSUMI03.jpg 左は、少し横から撮影したところ。右は、デモシステムの概要 (クリックで拡大)

 今後、ミツミ電機では、高温環境下での動作確認など信頼面でのテスト、改良を進め、実用化を目指していく方針。

CEATEC JAPAN 2013特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.