ニュース
» 2013年10月04日 17時14分 UPDATE

CEATEC 2013:新放送サービス「ハイブリッドキャスト」、NHK/民放各社がデモ

NHKと民放各社は「CEATEC JAPAN 2013」(2013年10月1日〜5日、幕張メッセ)で、テレビ放送と通信を連携させたサービスであるハイブリッドキャストのデモンストレーションを行った。データ放送と明確に差別化し、視聴者が「これは便利」と思えるようなサービスを提供できるかどうかが、普及の鍵になりそうだ。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
mm131004_hc_120.jpg

 「CEATEC JAPAN 2013」のNHK/JEITA(電子情報技術産業協会)ブースで、来場者の注目を集めていたデモンストレーションの1つが、ハイブリッドキャストだ。

 ハイブリッドキャストとは、「電波で送られる放送番組とネットワーク経由のコンテンツを、受信機(テレビ)で同期して合成し、表示する」というもの。NHK放送技術研究所が開発し、一般社団法人であるIPTVフォーラムがそれを基に規格化を進めてきた。2013年3月に標準規格化されている。2013年9月2日にはNHKがサービスを開始、民放各社は2014年4月以降のサービス開始を目指している。

 ハイブリッドキャストを利用するには、ハイブリッドキャスト対応のテレビが必要になる。現時点で製品化しているのは東芝のみで、パナソニックも10月中旬に市場に投入する予定だ。テレビをインターネットにつなぎ、リモコンの「d」ボタンを押すと、ネットワーク経由で配信されたコンテンツ(以下、ハイブリッドキャストのコンテンツ)が放送画面にかぶさるように表示される。なお、ハイブリッドキャストのコンテンツの表示は、HTML 5で記述されている。

mm131004_hc_1.jpgmm131004_hc_2.jpg 左はハイブリッドキャストの概念図。右はハイブリッドキャストのコンテンツを表示させたもの(クリックで拡大)

タブレットと連動させたサービスをデモ

 現在NHKが提供しているハイブリッドキャストのコンテンツは、ニュースや気象情報など、データ放送に近いものだ。だが、電波の“隙間”を使って送信するデータ放送とは異なり、通信用のネットワークを使うので、容量の大きなデータを送信することができる。そのため、データ放送よりも充実した豊富なコンテンツを提供できると各局は期待している。CEATECでは、テレビとタブレット端末をWi-Fiルーターに接続して連携し、タブレット端末をうまく利用したデモが多く見られた。

mm131004_hc_3.jpg NHKのデモ。子ども向けの教育番組で絵描き歌をしているシーン。子どもが絵描き歌に合わせてタブレット端末に絵を描くと、それがテレビにリアルタイムで表示される。絵をそのまま番組に送信し、他の視聴者と共有することも可能だ。テレビ画面の下に出ている絵は他の視聴者が送ったもの(クリックで拡大)
mm131004_hc_4.jpg こちらもNHKのデモ。ハイブリッドキャストのコンテンツとしてTwitterのようなつぶやきが、画面右側に表示されている。グルメ番組に出てきたお店の情報やレシピなどをタブレットに保存することができる(クリックで拡大)
mm131004_hc_5.jpgmm131004_hc_6.jpg TBSのデモ。ハイブリッドキャストのコンテンツとして、番組のキーワードが表示されている。これらのキーワードはタブレット端末にも表示されていて、視聴者が調べたいキーワードをクリックするとインターネットでの検索結果が表示される(クリックで拡大)
mm131004_hc_7.jpgmm131004_hc_8.jpg 関西テレビのデモ。競馬の中継番組の画面に、コースや馬の情報、オッズなどをハイブリッドキャストのコンテンツとして表示している。こちらもタブレット端末と連携していて、どのコンテンツを表示させるかをタブレット端末で選択できるようになっている。競馬新聞をタブレット端末に表示しているイメージ(クリックで拡大)

データ放送との差別化が、普及の鍵に

 NHKは、「ハイブリッドキャストは始まったばかりなので、今はどのようなサービスがあればいいのかを探っている段階だ」と述べる。ハイブリッドキャストの普及には、データ放送との明確な差異化が欠かせない。視聴者を「データ放送よりも明らかに有益だ」と納得させることができれば、ハイブリッドキャストのコンテンツのみを専門に提供する企業が出てくるなど、新しいビジネスチャンスを生む可能性も高い。

mm131004_hc_9.jpg パナソニックのブースに展示されていた、65インチの4K対応液晶テレビ「TH-L65WT600」。2013年10月中旬に発売される製品で、ハイブリッドキャストに対応している。パナソニックは、発売済みのプラズマテレビ「VT60シリーズ」や液晶テレビ「FT60シリーズ」も、ソフトウェアをダウンロードすることでハイブリッドキャストに対応できるようにしていくという。
CEATEC JAPAN 2013特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.