ニュース
» 2013年10月15日 10時34分 UPDATE

ビジネスニュース:AMD、サーバの大型案件を獲得

Verizonはデータセンター7拠点に、AMDのエンタープライズ向けパブリッククラウド用サーバを導入することを決定した。サーバ市場でのシェア拡大を狙うAMDにとって、大きな一歩となった。

[Rick Merritt,EE Times]
mm131015_verizon_120.jpg

 Verizonは、世界7拠点のデータセンターにAMDのサーバ「SM15000」を導入することで合意した。SM15000は、AMDが2012年2月に買収した新興企業SeaMicroの技術をベースにしたサーバシステムで、同年9月に発表されている。Verizonは、SM15000を導入した中で最大の顧客となる。

 AMDはこの取引についてあまり多くの詳細は明らかにしていない。だが、この取引を通じて、同社のインターコネクトチップの仮想化性能が立証されると主張している。

 AMDのサーバ部門 ゼネラル・マネジャーで、SeaMicroの元CEOでもあるAndrew Feldman氏は、EE Timesとのインタビューの中で、「当社のI/Oチップは競合製品よりも安全かつきめの細かい形で、仮想マシン専用のプロセッサ、メモリ、ストレージリソースをサポートする」と述べた。

 これまで、ほとんどの企業が、安全性に対する懸念からパブリッククラウドの導入をためらってきたという。

 SeaMicroチップに用いられたインターコネクト技術「Freedom Fabric」は、最終的にはAMDの商用サーバ向けSoCに搭載される形でお目見えする計画だが、同社は発表の時期について明らかにしていない。Feldman氏が示唆したところによると、AMDのx86やARMのSoCを用いたSeaMicroサーバは、2014年初めには出荷される見込みだという。同サーバは現時点では、Intelのx86プロセッサを採用している。

 VerizonとAMDは、エンタープライズ向けのパブリッククラウド技術について2年にわたり共同開発を進めてきた。

【翻訳:青山麻由子、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.