ニュース
» 2013年10月21日 10時01分 UPDATE

無線通信技術:IoT時代に備える、簡単な無線接続をかなえる11の機器(後編) (1/6)

前編に続き、簡単な無線接続を提供するツールを紹介する。「Cortex-M3」を搭載したボードや、SDカード状のWi-Fiモジュールなどが登場する。

[Cabe Atwell,EE Times]

前編はこちらから

【6】Cortex-M3コア搭載の開発ボード

 Xivelyとmbedは、接続機器の迅速なプロトタイピングをサポートする「Xively Jumpstart Kit」を提供する。このキットは、ARMの「Cortex-M3」コアを採用したマイコン「LPC1768」の他、センサーと液晶ディスプレイ、通信ポートを提供するmbedアプリケーションボードで構成されているという。

 ユーザーは、mbedオンライン開発ツールやライブラリ、ドライバなどを利用して、通信やインターネットへの接続を実行できる。さらに、API(Application Programming Interface)ライブラリを使って、クラウドに接続することも可能だ。Xivelyクラウドサービスでは既に、2億5000万台以上の機器が接続されていて、そのユーザー数は1700万人に上るという。

mm131017_connect9.jpg
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.