ニュース
» 2013年11月22日 16時00分 UPDATE

ET2013:USBで100W給電も可能――ルネサスが「USB PD」の動作デモを公開

ルネサス エレクトロニクスは、「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展(ET2013)」(2013年11月20〜22日、パシフィコ横浜)でUSBで最大100Wの電力が供給できる仕様「USB Power Delivery Specification(USB PD)」のデモを公開した。

[竹本達哉,EE Times Japan]
120_tt131122RENESAS001.jpg

 ルネサス エレクトロニクスは、「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展(ET2013)」(2013年11月20〜22日、パシフィコ横浜)でUSBで最大100Wの電力が供給できる仕様「USB Power Delivery Specification(USB PD)」のデモを公開し、2014年4〜9月にもUSB PD対応のコントローラICを製品化する方針を明かした。

 USBによる給電能力は、従来のUSB2.0規格では5Vで最大500mA、USB3.0規格では5Vで最大900mA。USBバスパワー仕様を拡張したBattery Charging Spec 1.2仕様でも5V、最大1.5Aと10Wを下回る給電能力だった。そのため、USB給電は、モバイル機器の充電や小型周辺機器の駆動などに限られた。

 USB PDは、ノートPCをはじめ、デスクトップPCや大型モニターなど消費電力の大きい機器にもUSBを介して給電することを目指した仕様で、2012年に策定された。給電能力は、電圧はこれまでの5Vの他12V、20Vの3種類から、電流も1.5A、2A、3A、5Aの4種類から選択でき、20Vと5Aの組み合わせで最大100Wの電力が供給できる。

 USB関連半導体製品を展開するルネサスでは、USB PD機能を機器に組み込むためのIC製品の開発に着手。今回、FPGAやディスクリート半導体を使った試作ボードを使用し、12V駆動の3.5インチHDDへのUSB PDによる給電をデモした。

tt131122RENESAS001.jpg ルネサスが公開したUSB PDのデモ。左側のボードからUSBを介して右側の試作ボードに給電し、3.5インチHDDを動作させた。

 USB PDの動作は、まず、機器間でUSB PD対応かどうか、給電する電圧値、電流値を従来のUSB通信でネゴシエーションした後、USB PDの給電が開始される。これまでのUSBバスパワーでは、ホスト側からデバイス側への給電に限られたが、USB PDでは、給電方向も変えることができる。

 ルネサスでは、2014年4〜9月にも、USB PDコントローラICを製品化する方針。「100Wなど大電力の給電では、低抵抗なケーブルなどが必要になり、技術的な課題もある。まずは、タブレット端末の急速充電やノートPCへの給電といった18〜36Wクラスからの利用が始まるだろう。また将来的にも40〜60Wクラスでの利用がUSB PDの主流になるだろう」(説明員)としていた。


ET2013特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2016 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.