ニュース
» 2013年12月03日 09時30分 UPDATE

ビジネスニュース 企業買収:東芝、破産申請したOCZを買収へ

東芝は、OCZ Technology(以下、OCZ)と同社のSSD事業に関する資産譲渡契約を2013年12月2日(米国時間)に締結したと発表した。

[EE Times Japan]

 東芝は、リテールやデータセンター向けのSSD事業を強化するために、OCZ Technology(以下、OCZ)と同社のSSD事業に関する資産譲渡契約を2013年12月2日(米国時間)に締結したと発表した。

 OCZは12月2日、米連邦破産法11章に基づく申立てを実施。資産譲渡は、当該申立てを管轄する破産裁判所の承認を条件に、同法11章363条の規定に従って、オークションプロセスを経て完了するという。

 東芝は、今回の事業の買収が成立した場合、「OCZのSSD事業における技術開発資産、知的財産、製品、販売網を取得することができ、OCZ事業のさらなる拡大が見込める。当社が強みを持つNAND型フラッシュメモリの技術と、OCZが高い実績を持つリテールやデータセンター用途SSDを組み合わせることで、SSD事業の競争力を一層強化する」としている。

 OCZは、米国カリフォルニア州に本社を置き、従業員数は約450人。2012年度の売上高は3億3400万米ドルだったいう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.