ニュース
» 2013年12月05日 13時40分 UPDATE

無線通信技術 Bluetooth:Bluetooth 4.1の策定が完了

Bluetooth SIG(Special Interest Group)は2013年12月5日、最新仕様「Bluetooth 4.1」が策定されたと発表した。

[EE Times Japan]

 Bluetooth SIG(Special Interest Group)は2013年12月5日、最新仕様「Bluetooth 4.1」が策定されたと発表した。LTEとの連携機能や、「Bluetooth Smart」関連のデータ転送、再接続時の自動接続機能などの強化が図られている。

 Bluetooth 4.1の主要な機能強化の1つであるLTEとの連携機能は、BluetoothとLTEの無線通信ではデータ転送が調整され、近い周波数帯との相互干渉が抑えられるものだという。

 一度ペアリングを行った機器同士であれば、近づくことでユーザーの操作なしに自動で再接続される機能も盛り込んだ。例えば、デバイスを持って部屋を出ると別のデバイスに接続し、再び部屋に戻ると元のデバイスに、ユーザーの操作を必要とすることなく再接続できる。

 また、Bluetooth 4.1では、省電力のBluetooth仕様「Bluetooth Smart」で大量のデータ転送が可能になるという。加えて、今回のバージョンアップにより、Bluetooth SmartセンサーでIPv6を利用できるようになり、「開発者やOEMは柔軟に接続性や互換性を確保できる」(Bluetooth SIG)としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.