ニュース
» 2013年12月05日 14時00分 UPDATE

セミコン・ジャパン 2013:PMICや車載IC向けT2000電圧/電流測定モジュール、アドバンテストが64チャンネル品を展示

アドバンテストは、2014年に提供を開始する予定のパワーマネジメントIC(PMIC)や車載IC向け電圧/電流測定モジュール「GVI64」を参考展示した。T2000の規格に対応したもの。同社の既存品に比べ、チャンネル数が32から64に倍増している。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 アドバンテストは「SEMICON Japan 2013」(2013年12月4〜6日)で、パワーマネジメントIC(PMIC)や車載IC向けの電圧/電流測定モジュール「T2000 IPS(Integrated Power device test Solution)」の新製品として、「GVI64」を展示した。既存品に比べて、チャンネル数が32から64に倍増しているのが最大の特長だ。2014年上期に提供を開始する予定だという。

 GVI64の電圧/電流範囲は−64〜85V/240mA。既存の32チャンネル品の電圧範囲は−30〜85Vなので、より広い電圧範囲をカバーできるようになっている。

 チャンネル数が大幅に増えたことに伴い放熱量も増加するので、64チャンネル品では冷却方式を、既存の空冷よりも冷却効率が高い液冷に変更したという。

mm131205_advantest1.jpg 「GVI64」の外観(クリックで拡大)

HDD試験向けに、8Gspsのテストシステムも

 HDDなど大容量の記憶装置に搭載されるSoC向けのテストシステムでも、新モジュール「8GWGD」を展示した。サンプリング速度が8Gサンプル/秒(Gsps)の12ビットD-Aコンバータを搭載している。アドバンテストによると「他社品のサンプリング速度は最高でも6Gsps」という。

 8Gspsというサンプリング速度について同社は、「これまでは顧客のニーズがなかった。だが、SNSなどの普及によって保存するデータ量が急速に増え、HDDの処理速度が上がっていて、そうしたトレンドに対応するために8Gspsという高速サンプリングを実現した」と述べている。

セミコンジャパン2013特集 >>> ↑↑ SEMICON Japan 2013 特集はこちら ↑↑ <<<

関連キーワード

車載 | テスト | HDD | D-Aコンバータ(IC)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.