ニュース
» 2013年12月13日 11時17分 UPDATE

ビジネスニュース 業界動向:IoT時代の訪れとともに、存在感増すBluetooth

2013年12月5日に、Bluetooth 4.1の策定完了が発表された。IPv6専用のチャンネルが構築されるなど、モノのインターネット(IoT)への適用を見込んだ変更がいくつか加えられている。IoTの世界でBluetoothが果たす役割は、ますます重要になりそうだ。

[Jessica Lipsky,EE Times]

 Bluetooth SIG(Special Interest Group)は2013年12月5日、Bluetoothの最新仕様「Bluetooth 4.1」を発表した。ユーザーの利便性や開発者向けの機能が向上した他、新たな機器との接続も可能となるという。この他、インターネットプロトコルのサポートも強化された(関連記事:Bluetooth 4.1の策定が完了)。

さらなる成長が見込まれるBluetooth市場

 Bluetooth Smartに対応した機器の出荷台数は、2013年の25億台から2014年には35億台に増加する見込みだ。Kroeter氏は、Bluetooth Smart市場が今後数年間でさらに成長を続けると期待している。米国の市場調査会社であるABI Researchは、2016年には年間10億台のBluetooth Smart対応機器が出荷され、その後も出荷台数は増えていくと予測している。

 Bluetooth SIGでグローバルインダストリ&ブランドマーケティングのディレクタを務めるErrett Kroeter氏は、「Bluetooth 4.1は、Bluetoothの低消費電力通信規格である『Bluetooth Low Energy』を基に、モバイル機器でのデータ通信をより円滑に行えるように開発された。Bluetooth 4.1は、LTEとシームレスに接続できるので、モノのインターネット(IoT)を実現するための核となる技術だと確信している」と述べる。

 さらに、Bluetooth 4.1では、省電力のBluetooth仕様「Bluetooth Smart」で大量のデータ転送が可能になるという。Kroeter氏は、「Bluetooth 4.1は、効率的にデータ伝送できるため、さまざまな用途に利用できる。情報を一定期間収集してから転送するといった使い方も可能だ。例えば、ランニング中の情報をフィットネスモニターに保存し、帰宅後にそのデータを転送することもできる」と説明している。データはスマートフォンやタブレット端末、その他のハブデバイスに転送できる。直接クラウドに転送して、共有することも可能だ。

 Bluetooth 4.1の主な変更点は、機器を、周辺機器としてはもちろん、ハブとしても使用できるようになるところだ。Kroeter氏は、スマートウオッチを例に挙げた。「スマートウオッチは、スマートフォンと通信してテキストメッセージを更新する他、フィットネスモニターからのデータを受け取るなどハブとしての機能も果たす。Bluetooth 4.1に対応した機器も、このように周辺機器とハブの両方の役割を果たす」(同氏)。

 Bluetooth 4.1では、IPv6通信向けの専用チャンネルも設けられる。

 ただしKroeter氏は、「Bluetooth 4.1は例えるなら、レールの構築は完了したが、どのように電車を走らせて輸送するかは決まっていない状態」と説明している。

【翻訳:青山麻由子、滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.