ニュース
» 2013年12月14日 07時00分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:半導体売上高ランキングの予測、2013年もインテルがトップ

EE Times Japanで先週(2013年12月7日〜12月13日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

 1位は「的確な判断? マイクロソフトによるノキアの携帯事業買収」、2位は「2013年半導体売上高ランキング――メモリ勢躍進の影で、東芝6位、ルネサス10位、ソニー15位に降下」、3位は「100℃まで完全導電性を実現、新たな次世代材料を米大学が発見」がランクインしました。

 2位は、毎年恒例のメーカー別売上高ランキングです。インテルがトップを獲得しそうなのは予想通りですが、日本勢の降下がやはり気になるところです。ランキングの記事は「2013年上半期半導体売上高ランキング――メモリ好調の一方で、日本勢の苦戦目立つ」「2012年の半導体売上高ランキング、Qualcommが34%成長で4位に」なども、ぜひご覧ください。

 また、上記の記事にもあるように、メモリ/ストレージ市場が活性化しているようです。しばらく低迷が続いた同市場ですが、明るい兆しが見えています。3次元NANDフラッシュメモリの量産開始といったニュースもあり、メモリ/ストレージ市場には引き続き注目が集まりそうです。「次世代不揮発性メモリ市場が成長、MRAMとPCMは2016年に10億ドル規模へ」「サムスン電子が「業界初」の3次元NANDを量産」「組み込みSSDの最新動向 〜高速な新規格から耐環境性の強化まで〜」も、おすすめの記事です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.