ニュース
» 2013年12月21日 09時00分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:2014 CESへの期待

EE Times Japanで先週(2013年12月14日〜20日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

 1位は「検証 ルネサス再建〜2013年下半期〜」、2位は「ムーアの法則が終えんを迎えればメリットになる――ブロードコムCTOインタビュー」、3位は「2014年のCESはウェアラブル機器祭り? 展示予定のガジェットを一挙公開」がランクインしました。

 2位は、世界最大のコンシューマーエレクトロニクスショー「2014 International CES」に展示される予定のウェアラブル機器を紹介した記事です。2014 CESの展示内容は、情報が出始めています。どのような面白いものが披露されるのかが今から楽しみです。過去のCESのリポートでは「「そのチキン、食べたらおなかを壊します」、スマートな冷蔵庫などに注目」「リモコンが変わる、スマートテレビの登場でユーザーインタフェースが多彩に」「発売間近の有機ELテレビから、コート上の動きを追うシューズまで……」などが、おすすめです。

 9位は、2013年12月5日に策定が発表されたBluetooth 4.1についての記事です。IoT(モノのインターネット)とともに、Bluetoothの存在感はますます高まっています。既に多くのスマートフォンに搭載されていることから、スマートフォンと接続するモノを作りやすいというのが、最も大きな要因でしょう。「Bluetooth 4.1の策定が完了」「Bluetoothの新用途が続々登場、2018年には対応機器が320億個に」も、ぜひご覧ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.