ニュース
» 2013年12月24日 10時17分 UPDATE

EE Times Japan 2013 Top10:年間記事ランキング――2013年に最も読まれた記事は? (1/3)

2013年も残り1週間になりました。そこで今回は、2013年に多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。

[EE Times Japan]

週間ランキング「EE Times Japan Weekly Top10」はこちらから

 2013年の半導体業界では、マイクロソフトによるノキアの携帯事業の買収や、富士通セミコンダクターとパナソニックのLSI事業の統合、政府系ファンドによるルネサス エレクトロニクスへの資金投入など、大きな動きがいくつもみられた。また2013年は、スマートグラスやスマートウオッチなど、さまざまなウェアラブル機器が開発/発表され、“ウェアラブル機器元年”とも呼ばれている。

 EE Times Japanでは、どのような記事が最も読まれたのだろうか。2013年に掲載した記事の中から、アクセス数の多かった10本をカウントダウン方式で紹介する。


【10位】検証 ルネサス再建〜2013年上半期〜

ルネサス エレクトロニクスの動きには、常に大きな注目が集まった。2013年2月に経営陣を刷新、同年9月には、政府系ファンドである産業革新機構と顧客企業8社から第三者割当増資に伴う払い込みが完了したと発表している。直近の3四半期でようやく営業黒字を確保した同社の動向には、2014年も引き続き高い関心が寄せられそうだ。

関連記事:検証 ルネサス再建〜2013年下半期〜
関連記事:ルネサスの“実質国有化”が完了

mm131224_ranking10.jpg

【9位】ソニーは再び輝けるか、復活支える名機と一流技術(前編)

掲載と同時に大きな反響があった記事。日本の半導体メーカーに関する暗いニュースが続く中で掲載された本記事は、日本のメーカーの技術力を再確認できる1本になったようだ。

関連記事:パナソニックの救世主は何か(前編)
関連記事:「プレステ4」を分解

mm131224_ranking9.jpg

【8位】半導体市場、長期的には力強い成長が続く

市場調査会社によると、半導体市場は、メーカーの統廃合を繰り返しながらも、長期的な視野でみれば「成長が続く」という。特にLTEやMEMSが、同市場の成長を促す要因になるとしている。

関連記事:2013年半導体売上高ランキング――メモリ勢躍進の影で、東芝6位、ルネサス10位、ソニー15位に降下
関連記事:2014年の世界半導体製造装置販売額は前年比23%増の約400億米ドルに拡大へ――SEMI予測

mm131224_ranking8.jpg
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.