ニュース
» 2014年01月14日 11時18分 UPDATE

ビジネスニュース:IBMが人工知能「Watson」の開発を加速、新事業所設立で10億ドル投資へ

IBMが、人工知能「Watson(ワトソン)」の開発を専門に手掛ける新しい事業部を設立する。新事業部には10億米ドルを投資し、そのうち1億米ドルを利用して投資ファンドも設立するという。

[R Colin Johnson,EE Times]

 IBMは2014年1月9日、人工知能「Watson」を専門に手掛ける事業部「IBM Watson Group」を設立すると発表した。新事業部には10億米ドルを投資する計画で、その一環として総額1億米ドルのベンチャー投資ファンドを設立する。Watsonを利用する関連アプリケーションの開発を手掛けるベンチャーなどに投資するという。

 IBM Watson Groupの本拠地は、米国ニューヨーク州マンハッタンの“シリコンアレー”地区に置く。従業員数は約2000人を予定していて、小売業、旅行、通信といった新しい分野に向けてWatsonと関連アプリケーションの開発を進めるのが目的だ。

mm140114_watson.png 「IBM Watson Group」の本拠地は、ニューヨークのマンハッタンにある“シリコンアレー”地区に置かれる 出典:IBM

 IBM Watson Groupを率いるのは、IBMのソフトウェアソリューショングループ出身のMichael Rhodin氏である。同氏は、「Watsonは、IBMの100年の歴史の中で、最も革新的な開発の1つだ。Watsonの普及を促進していきたい」と述べている。

mm140114_watson1.png 「IBM Watson Group」を率いるMichael Rhodin氏

 また、IBMは、Watsonをベースとした新しいサービスを3種類発表した。1つ目が「Watson Analytics」で、自然言語処理を用いて、ビッグデータに眠る隠れたトレンドを探し出すもの。2つ目が「Watson Discovery Advisor」で、医薬品や出版物のリサーチ機能の簡易化と向上を実現するためのもの。3つ目の「Watson Explorer」は、ビッグデータの処理向けにデータ主導型のダッシュボードや開発フレームワークを提供するものだ。

【翻訳、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.