ニュース
» 2014年01月17日 14時48分 UPDATE

センシング技術 ウェアラブル機器:涙で血糖値を測るスマートコンタクト、Googleが開発へ

グーグル(Google)は、糖尿病患者向けに、涙で血糖値を測定できるスマートコンタクトレンズを開発中だと発表した。

[EE Times Japan]

 Googleは1月16日(米国時間)、センサーを無線チップを搭載した医療用スマートコンタクトレンズを開発中だと発表した。糖尿病患者向けに開発されているもので、小型のグルコース(血糖)センサーを用いて、涙に含まれる血糖値の変化を計測する。

 同社の発表によると、スマートコンタクトレンズのプロトタイプは、2枚のソフトコンタクトレンズ用素材の間に、小型の無線チップとグルコースセンサーを組み込んだもの。1秒ごとに血糖値を計測できるという。

 Googleは、このスマートコンタクトレンズを、血糖値レベルの急激な変化を警告するツールとしても活用する計画だ。レンズにLEDを搭載し、血糖値が上限値や下限値を超えたら、LEDが点灯する仕組みを開発している。

 同社は既に、米国食品医薬品局(FDA)と協議を始めているが、実用化までにはまだ時間がかかるとしている。さらに、スマートコンタクトレンズを市場に投入すべく、関連した専門技術を手掛けるパートナーを探す予定だという。

mm140117_google.jpg スマートコンタクトレンズのイメージ図(クリックで拡大) 出典:Google

医療エレクトロニクス(Medical Electronics)特選コーナー

医療エレクトロニクス
最先端のエレクトロニクス技術が、医療の進化に果たす役割は大きい。さらに、さまざまなモバイル機器が普及した今、新しい医療の形も生まれている。医療を支えるエレクトロニクス技術を紹介する。

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.