ニュース
» 2014年01月18日 07時00分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:再注目の人工知能、IBMも事業を本格化

EE Times Japanで先週(2014年1月11日〜17日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

 1位は「MediaTek、電磁誘導/共鳴に対応するワイヤレス給電技術を披露」、2位は「ウェアラブル製品の台頭で、存在感増すヘルスケア分野」、3位は「ウェアラブル機器やIoTが生活を変え、5Gや微細化技術が世界を驚かす」がランクインしました。

 今回は、「2014 International CES」関連のニュースが多くランクインしました。年明け最初の世界最大規模のコンシューマエレクトロニクスショーなので、やはり注目度は高いようです。

 5位は、IBMが人工知能の事業を本格化するというものです。Appleの「Siri」のような音声ナビゲーション機能や、アバターなどで、再び注目を集めている人工知能。人工知能の“今と昔”は、連載「“AI”はどこへ行った?」に詳しく書かれています。

 7位は、Googleがスマート機器で有名なベンチャー企業を買収したという記事です。「Google Glass」をはじめ、スマート機器に着目し始めたGoogleの強い意思がみて取れます。関連記事として「Google Glassは注目の的、Chromebookやグランドキャニオン帰りのStreet View用カメラもお披露目」「GoogleがAndroidで狙うもの」もおすすめです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.