ニュース
» 2014年01月21日 16時00分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:ルネサスが長期供給製品の情報提供をスタート

ルネサス エレクトロニクスは、マイコンなどの半導体製品の供給予定期間などの情報を公開する「長期製品供給プログラム」の提供を開始した。今後、自動車、産業機器用製品を中心に5000品種以上を対象製品として、情報開示を行う。

[EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは2014年1月21日、長期的な安定供給体制を整えたマイコンやアナログ半導体製品に関する情報をWebを通じて情報を公開する「長期製品供給プログラム」の提供を開始したと発表した。

 長期製品供給プログラムの対象となるのは、「一般的に長期製品供給が必要とされる、自動車、産業機器用などに開発された製品」(ルネサス)。具体的には、自動車、産業機器用のマイコン、ミックスドシグナル半導体、パワー半導体などが対象で、「5000品種以上を予定している」(ルネサス)。

tt140121RENE001.jpg 長期製品供給プログラムの概要ページ (クリックで拡大)

 長期製品供給プログラムの内容は、プログラム登録日を起点に10年以上、15年以上、20年以上の3パターンの供給期間を設定し、製品ごとの製品ステータスと供給予定期間の情報をルネサスのWebサイトに掲載するというもの。既に量産中にある製品は、2014年1月からの供給予定期間の情報が提供される。

 ルネサスでは「自動車、産業機器など一般にライフサイクルの長い機器の開発では、製品選定において長期供給は最も重要なポイントの1つになっている。しかし、機器の高性能化・多機能化、半導体製品の進化などにより、提供する品種が増えている中、必ずしも全ての製品を長期にわたり継続供給できている訳ではない。ルネサスは、これまでも製品の長期安定供給に努めてきたが、このたび提供する長期製品供給プログラムでは、長期供給予定の製品情報をあらかじめWebで公開することにより、ユーザーに安心して製品選定できる環境を整備する」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.