ニュース
» 2014年01月30日 13時05分 UPDATE

ビジネスニュース 業界動向:データセンターの進化が加速――2014年はInfiniband/ファイバチャネル/イーサネットが一斉に高速化へ

米調査会社は、データセンターのネットワークスイッチとして主に使われているデータ転送技術であるInfinibandとファイバチャネル(Fibre Channel)、イーサネットが、3つともに2014年に高速化されるとの報告書を公表した。データセンターへの旺盛な投資が続く中、先端技術導入の速度も上がっている。

[Zewde Yeraswork,EE Times]

 米国の調査会社であるCrehan Researchによると、2014年にデータセンター向けネットワークスイッチ市場で用いられるデータ転送技術であるInfinibandとファイバチャネル(Fibre Channel)、イーサネットが、一斉に高速化されるという。

 Crehan Researchは、報告書「Data Center Switch Long-Range Forecast(データセンターのスイッチに関する長期予測)」の中で、「2014年に出荷されるInfinibandは、50%以上が56G FDR規格品になり、現在普及している40G QDR規格品の出荷数を上回る見通しだ」と述べている。同報告書では、「ファイバチャネルも16Gビット/秒品が8Gビット/秒品を上回る。また、イーサネットも10Gビットイーサネット(10GbE)品が1GbE品を上回り、出荷数の半数以上を占める」と予想している。

データセンターへの技術投資が拡大

tt140130TT001.jpg データセンター向けネットワークスイッチにおける次世代データ転送規格の採用予測 (クリックで拡大) 出典:Crehan Research

 同社のプレジデントを務めるSeamus Crehan氏は、EE Timesのインタビューに対して、「データセンターのネットワーク環境が大きく向上している要因の1つは、データセンターが近年、技術に対する投資を大きく拡大していることにある」と述べている。

 「Infinibandとファイバチャネル、イーサネットの3つの技術は現在、かなり成熟した段階にあり、魅力的な価格帯で、充実した機能を利用できるようになっている。こうした中、さらに広い帯域幅で、ユビキタスな接続が可能な、より機能の充実した技術が求められている。だが、これら3つの技術は、同じサイクルで進化してきたわけではない。重要なマイルストーンの実現時期が、ちょうど2014年に重なった」(同氏)。

40GbEは、10GbEよりもはるかに速いスピードで普及か

 Crehan氏は、「10Gビットイーサネット(10GbE)は現在、データセンターのスイッチポート接続に最も多く採用される技術になっている。ただし、右肩上がりに順調に推移してきたわけではない。40GbEも、成長の兆しが見えている。40GbEは、10GbEよりもはるかに速いスピードで採用が進むと予想される」と述べている。

 データセンター向けスイッチ市場は、サーバやストレージ、エンタプライズネットワーキングなどの市場と比べて成長が著しい。Crehan氏はこれについて、GoogleやAmazon、Facebook、Microsoftなどの企業を例に挙げ、「データセンターが、ビジネスドライバとなっているケースが多いためだ」と解説している。

2014年ネットワークスイッチ市場は100億米ドル規模に

 同氏は、「2014年のネットワークスイッチ市場は100億米ドル規模に上ると予想される。今後も年平均成長率(CAGR)10%弱で成長を続け、2018年には160億米ドルに達する見通しだ」と述べている。

【翻訳:滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.