特集
» 2014年02月06日 14時45分 UPDATE

プロセッサ/マイコン:新時代到来! ヘテロジニアス・コンピューティング最新動向【前編】 (1/4)

2014年1月14日、ヘテロジニアス・コンピューティングに向けたフレームワーク「HSA」(Heterogeneous System Architecture)をハードウェアレベルで初めてサポートするAMD Aシリーズプロセッサ“Kaveri”が正式に発表された。HSA対応アプリケーションの開発プラットフォームとしても期待を集めているKaveriを中心に、HSAの現状と今後を探る。

[本間文,EE Times Japan]

 AMDが本格的なヘテロジニアス・コンピューティング時代の幕開けを宣言した。

 開発コードネーム“Kaveri”(カヴェリ)で知られる同社の最新APU(Accelerated Processing Unit)は、CPUとGPUがシームレスに連係を図ることができるフレームワーク「HSA」(Heterogeneous System Architecture)をハードウェアレベルでサポートしており、これまでCPUとGPUを連係させる上でボトルネックとなっていた問題を解消し、GPUが持つ優れた演算処理性能を有効に活用できるようにする。“Kaveri”は、HSAに対応した初のAPUであり、HSA対応アプリケーションの開発プラットフォームとしても期待されている。

 なお、HSAの標準化を推進するHSAファウンデーションは、AMD、ARM、Imagination Technologies、MediaTek、Texus Instrumentsの5社体制でスタートし、現在はQualcommやSamsung Electronicsが加わり、主要なARM SoCベンダーを取り込んでいる。

AMDの最新AMD AシリーズAPU“Kaveri”を披露するリサ・スー上級副社長
デスクトップ向けのKaveri(右)と、2014年前半に市場投入を予定しているノートPC向けKaveri (クリックで拡大)
Kaveriは、GLOBALFOUNDRIESがAMD向けに作ったカスタムプロセス28nm SHPで24.1億トランジスタを245平方mmのダイに集積している (クリックで拡大)
2013年11月時点のHSAファウンデーションの構成メンバー。AMDとARM、主要なARM SoCベンダーと、MIPSを傘下に収めたImagination Technologiesが創立メンバーとして名を連ねる (クリックで拡大)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.