ニュース
» 2014年02月06日 15時13分 UPDATE

ビジネスニュース:ソニー、PC事業売却を正式発表

ソニーは、PC事業を日本産業パートナーズに譲渡することで合意したと発表した。ソニーは、各国で発売する「VAIO」2014年春モデルを最後に、PC事業を収束する。

[EE Times Japan]

 ソニーは2014年2月6日、「VAIO」ブランドとして運営しているPC事業を、日本産業パートナーズ(JIP)に譲渡することで合意したと発表した。PC事業はJIPが設立する新会社へ事業譲渡することになる。同年3月末までに正式契約の締結を目指す。

 JIPが設立する新会社は、現在ソニーのPC事業の拠点である長野テクノロジーサイト(長野県安曇野市)をオペレーションの拠点とし、ソニーおよび国内関連会社でPCの企画、設計、開発、製造、販売などに従事している社員を中心に250〜300人程度で操業を開始する予定だ。なお、設立当初はソニーから5%の出資を受ける。

 ソニーは、今回の事業譲渡に伴い、PC製品の企画、設計、開発を終了し、製造販売についても各国で発売する2014年春モデルを最後に、PC事業を収束する。

 今後は、モバイル領域ではスマートフォン及びタブレット端末に集中するとしている。

 ソニーの記者会見の様子はこちらから⇒関連記事:ソニー、PC事業を売却してもテレビ事業を分社化してもなお、見えない光

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.